スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G9-遠い旋律2

G9


「ホントに心配したんだかんね!あんた普段からオーバーワーク気味だから。」
帰宅して早速、私は電話でノエに叱られた。そう思ってると思うから、私はあの時音切ったのよ。彼女はあの後、何回か心配してメールを入れて、それに応じないから着信まで入れてくれてた。

「でも、あたしに感謝しなさいね。あたしがそんなメールを送んなきゃ、その子とそういう展開になってない訳だし。」
「別に展開らしいもんなんてないじゃん。あの後、駅前に行ってお茶しただけだよ。」
「次に会う約束は?」
「したけど…」
「じゃぁ、充分じゃん。ねぇねぇ、で、どんな話したの?」
ノエは乗り乗りで私に聞いてきた。別に報告するほどのことは何もないんだけどと思いつつ、私は話し始めた。

あの後、私と彼は、駅に向かって歩き出した。大体、高校なんて土地を確保するためなのか、坂道のいっとう上とかすごくへんぴなことにあるのよね。

「へぇ、じゃぁ三輪さんって看護師なんですか。」
「そう、今回ちょうど休みと重なってね。勤務が不規則だから、なかなかみんなに会えないからって出てきたんだけど、あれじゃぁね。」
さっきの音、思い出しただけで気分が悪くなりそう。
「オレはさっきも言ったように、初めて同窓会の案内が着たんで、誰かいるかなって思って来たのに、ほとんど年配の人ばっかりでがっかりきて…そこにあの音でしょ。内心最悪だぁ~って思ってました。」
彼はそう言って笑った。笑うとなお子供っぽく見えた。

「それで…さっきの音なんですけど…」
彼は自分のケータイを取り出し、彼の着信音を鳴らした。まったく同じ曲。でも…
「そう、ココ!三輪さん、三連譜にしてるでしょ。三連譜じゃないですよ、コレ。」
彼は一度しか聞いていない私のメール音のリズムのハネた所を指摘した。
「もう…先生みたいなこと言わないでくれる?実は私、いつも先生に『頼むから作曲しないで楽譜どおり弾いてくれ』って言われるのよ。楽譜読むの苦痛なのよね。」
「聞いただけで音が取れるから、楽譜読むのが面倒になる気持ちは解んなくないけど、でも楽譜の中に結構発見とかないですか。作者の意図とか…」
そんなこといちいち考えて演奏してないって!私って結構楽しけりゃ良いクチなんだもん。
「作者の意図?!坪内君将来は音楽家にでもなるつもりなの?」
「いいえ、オレなんて音楽で食べられるレベルじゃないし、それにオレ建築の仕事もしたいから、そっち方面の大学に行ってるんです。」
ま、ね。私も音楽やらずに看護師やってるんだけどさ。
「いろいろと、才能がおありですのね…夢多き少年は。」
だけど、私がそう言うと、彼はちょっとむっとした表情になった。
「今、三輪さんオレをガキ扱いしたでしょ。43期だったら、オレより2歳しか違わないじゃないですか。」
私は3月も最後のほうに生まれてるから、彼が早生まれでなきゃ、1歳違い。でも、男の子ってそういうとこに拘るもんなの?

それから私たちは、駅前の喫茶店で音楽を中心にいろんな話をした。彼-高広は、大学のオケでバイオリンを弾いているという。
「だけどまた、クラシックギターなんてシブいっすね。」
私の楽器がクラシックギターだと聞いて、彼はそう言った。(何かそれってヤな言い方…)
「何か坪内君、オバサン扱いしてない?」
私が剥れてそう言うと、彼は舌を出して笑って言った。
「さっきのお返しです。同じ弦だし、オレあの音物悲しくて好きですよ。」
-アノオトスキデスヨ-そんななんでもない一言に、私はドキンとしていた。別に私を好きだと言われた訳でもないのに。

私たちは次の私の公休日に会おうと約束をして別れた。その説明をしたら、ノエの方が盛り上がってしまって、異様に騒ぐのでウザかった。
ウザかったけど、喜んでくれるのがなんだか嬉しい複雑な気分だった。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。