スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外な苦労話

亮平サイドで一番苦労したのは、実は亮平の自分の呼び方でした。加奈子サイドで修司との対比で僕呼ばわりしてしまった亮平は、亮平サイドでもそれを踏襲せねばならず、加奈子なり香織の前では僕呼ばわりすることに…
ただ、書き言葉で最初39歳、最終的に44歳になる亮平が僕ってどうよ…ってことになり、会話以外では私を使用することとしました。
しかし、男同士の会話でも僕ってねぇ…と思って俊樹との会話では俺に。なんと3種類の1人称を使い分けることとなりました。
女性の場合は私(アタシくらいはあるけど)しかないので。

あと、加奈子と香織の台詞の書き分けが…香織は12年下という設定もあって、初めの頃は徹底的に丁寧な言葉遣いにしましたが、さすがに夫婦になってくそ丁寧な言葉もなんだし、どこまで崩すかが難しかったです。加奈子の前で丁寧な口調でにこやかに話す分、彼女の台詞に凄みが増した効果もありましたしね。
スポンサーサイト

theme : ヒトリゴト
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。