スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My sweet angle

如何でしたでしょうか。「切り取られた青空-いと-」が終りました。これから何回かに分けてあとがきのような裏話のような作者の気持ちを綴ろうと思います。

まず、「切り取られた青空」が加奈子サイドと亮平サイドの2部作となり、こんなに長い物語になるとは書き始めた当初作者は予想していませんでした。

私が女性であることから、気楽なつもりで加奈子目線で書き始めて…加奈子目線の時にはけっこう私の目には亮平がすかした男に見えていました。
ところが、亮平目線で書き始めた途端、加奈子がうわっついた女に見え始めて…

ああそうなんだ、それぞれが自分を正当化して見てるんだって改めて思ったのでした。
そして…どちらが悪い訳でもなくどちらも悪いのだということを思った作品でした。

お正月に書いた理由で、亮平サイドを書くと決めたとき、最初は全く別のタイトルにするつもりでした。でも、同じ物語なんだから同じタイトルでサブタイトルをつけようというところに落ち着いて、最初に候補に挙がったのがこの「my sweet angle」でした。これはもちろん香織のことです。でも物語の最初は加奈子との絡みがメインなので、加奈子だと皆さん思うだろうなぁと思って却下しました。

で、結局作品の中にも出てきましたが手繰り寄せる糸ということから-いと-と決めました。
この糸最初から赤くはありません。血と涙で染められた赤い糸です。大人の愛憎劇にはそれが似合いかなと…

なお、すべて糸を手繰り寄せてしまってめちゃくちゃ寂しくなっています。
                                            -つづく-
スポンサーサイト

theme : ヒトリゴト
genre : 小説・文学

comment

お疲れ様でした~

終わっちゃいましたか・・・。
かなりの大作になりましたよね。お疲れ様でした。
今作も楽しく読み続けることができました。

「男心が書けるのか?」って思いながら読んでいましたが、「男はそんなふうに思わないぞ!」っていうような点は全然なかったように思います。素晴らしい!と思う反面、男はやっぱり単純で見透かされてる?って思ったりします(笑)

でも、思い返してみると、後半は特に、亮平サイドの物語というより、3部作目とも言える香織サイドの物語に引き込まれたように思います。香織さんのセリフがどんどん活き活きと生命力を持って行ったような気がします。

最後の方は特に、女性の強さと怖さを知ることができましたしね。復讐の部分は、「女性はそんなふうに考えているんだ!」って勉強になるやら、背筋が凍るやら・・・。まさに、「血と涙で染められた赤い糸」でしたもんね。妊娠が最初からの狙いだったとしたら怖すぎますけど、それは違うにしても、まんまと香織さんの思惑通りにハメられたような気も・・・(笑)

香織さんは本当に亮平を好きだったのか?
自分が幸せになりたいだけだったのか?
加奈子に負けたくなかったのか?

何だか、数年後には亮平が捨てられるような気がしてきました(笑)

Re: マカロンさんへ

「惚れてまうやろ~」が私の男性に対するイメージだったりして(かなり短絡的…笑)
>男はそんな風に思わないぞ!っていうような点が全然なかったように…思ってもらえたのなら成功ですね。

香織の愛情の件に関しては次の記事に書きました。ちなみに彼女の復讐劇には私も書いてて背筋が凍りました。でも、自分を汚してでも愛するものを守りたいって気持ちはいかにも女性らしいと思います。

また、加奈子の気持ちもわかるんですよ。わかっててもどうしようもなく好きになるってこともまたある話だと思うから。加奈子ってめり込み性格だし。
私、個人的にエンジェル香織、フェアリー加奈子と呼んでました。

>加奈子に負けたくない…ぐっ、ご指摘どおりですね。自覚してませんでしたけど。

…って、自分で書いてて他人事のように言ってるように聞こえるでしょ。実際に、性格設定した後はシーンを思い浮かべたらキャラ勝手にしゃべりだします。何度も言うように、私は一番最初の読者なんです。

それから、何度も石をぶつけていただいてありがとうございました。おかげで最後までたどり着けたような気がします。

亮平が香織に捨てられるんですか?たぶん、香織は大丈夫です。夢と現実のギャップがあったらラストの一言はないですよ、絶対に…女の側から言えば、(こんな重い女を)亮平がうっとおしいと思わなかったことが、香織の最後の涙の意味ですから。

加奈子が亮平を選んだとしたらたぶん別れたと思いますけどね。
Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。