スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋へ…切り取られた青空-いと-34

名古屋へ…


3月のある日香織が、
「これから温かくなるし、どこかに出かけない?3人で名古屋にでも行きたいな。」
と急に言い出した。そう言えば、新婚旅行らしきものも私たちにはなかったことを思い出した。
「どうせなら、1泊くらいしようか。」
その提案に、香織はとても喜んだ。そして、急遽予定を入れて、1日目は名古屋港水族館、2日目は東山動植物園に行く計画を立てた。

私は実はかなりの出不精だ。デブ性とも言ってもいいかもしれない。香織との結婚・出産がめまぐるしいスピードで進んだこともあるけれど、それらがあらかた落ち着いても、遠出をしようと自分では思っていなかった。

そして、今回の旅は楽しかった。魚や動物を見てはしゃぐ晃平を、小さな一つ一つのことを晃平に説明しながら歩く香織を見ながら、私は今までこういう所は苦手だったはずなのに、とても楽しんでいる自分を発見して驚いた。

たぶん、何処に行くのかではなく誰と行くのかなのだ。

2日目の東山動植物園で…
「ねぇ、お昼なんだけど…私行きたいところがあるの。少し家から遠くなるけど、いいかしら。」
「何処?」
「隣の日進市に入ってしまうんだけど、そこにママ友の親友がやってるお好み焼き屋さんがあるらしいの。私が名古屋に行くって言ったら、一生懸命お店の話してくれて…なんだかここまで来てるんだし、食べてみたくなったの。」
香織がそうしたことを自分から言い出すことは珍しかったから、私は二つ返事で日進市にあるその店まで車を走らせた。

私たちがその店に着いたのは1時半をまわっていた。
「すいません、まだ大丈夫ですか?」
私はうつむいて先客の後片付けをしている店の女性に声をかけた。
「いらっしゃいませ!はい、まだまだ大丈夫…」
私の問いかけに、商売人らしい口調で応対して顔を上げた女性は-かりんだった…
スポンサーサイト

theme : 自作小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。