スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタジーなんてっ……

希代の魔術師、これにて終了とさせていただきます。なんとなくエンドマークを付けるのも寂しくてつけなかったですけれど、オラトリオ組は一応コレでお別れと言うことで……

今回、苦労したのは、ズバリ名前。日本人の名前なら比較的苦労したことのないたすく、カタカナ名前に悪戦苦闘いたしました。
また、よしゃいいのに、王族面々にミドルネームなんぞ冠したもんだから、面倒臭さ倍増。一人(コータル殿下)に付けたら、他の子に付けない訳にはいかなくなって、アップアップ……

なので、英語もどきの世界の設定ですが、キャラの一部は英語の発音に準じてないです。

大体、主人公のビクトール・スルタン・セルディオ自体がもう既にイタリア系。だけど、クラウディア(この子はドイツ系かな)ビクターって呼ぶのが正解なんですけど、どうもビクターではお軽いと思ってしまったんですよね。

ミシェルは天使という意味でのネーミングですが、完璧フランス語の読みです。英語だとマイケル。でも、マイケルにすると、元気に走り回ってしまうんですよね、脳内で。最後には「ミッシェル・ポルナレフ」さんはイギリスのロックアーティストだったよねってことで、押し切りました。

それにちっとも武くんにかすってないってお思いかも知れません。実はそこはたすく、ちゃんとググりました。ミシェルのミドルネームのクウェルクスは英語で櫟の意味です。

フレデリック(こいつもドイツ系?)の愛称はフィール。つまり気分ちゃん(紀文ちゃん)ということなんですよ。

最初はどーだろ? とかも思ったんですが、『異世界だもん!』の一言で全部開き直ったたすくでした。

ふぅ、ファンタジーなんて、大っ……好きかも知れない。

だって、次回は日本に戻って、美久たちの後日談書くんですもの。

すいません、まだまだ「ターポイ」に帰れそうにもありませんです。

スポンサーサイト

theme : ひとりごと
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。