スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Turning Point 10

 デボーション、それは日本語では黙想と訳されているだろうか。個人や家庭などの小規模単位で行われるプチ礼拝とでも言えば解りやすいかもしれない。
 私も博美さんも仕事を持っているので、自由になるのはやはり日曜日。結局、拓也が音楽集会に参加する間に(明日美さんもキーボードでバンドに参加しているので)親たちは今時のゴスペルフォークを賛美代わりにして、デボーションガイドを元に進める。
 まず、最初にこの交わりに感謝の祈りを捧げて、それからどちらかが聖書を音読する。音読する方がそれぞれが黙読するのより、理解力が高まるのだと博美さんは言う。
 聖書を一緒に勉強するようになって、私は博美さんの人となりとか生きざまのようなものを、よりまざまざと感じることとなった。
 
 最初の感謝の祈りにしても、私はそう言うセオリーなのだという気持ちしかなかったのだが、彼女には『今日、こうして教会に来れたこと』自体が奇跡で感謝なことなのだと言う。
「だって、私は本当は20歳で死んでいたはずなのよ。後は神様が与えてくださったおまけの人生。でも、おまけの人生の方が長いなんてなんか変だけどね」
 そして、私の最大の謎だった、先輩との離婚。
 彼女は、自分が死ななくていいと医者から言われても、そのことを長い間受け止めきれなかったようだ。私なら、『ラッキー!』で終わりだけど、元々死と対峙して生きてきた彼女にはある意味究極の目標を失った状態だったのかもしれない。
 そんな彼女が見つけた新たな目標が先輩との結婚。でも、ここで治ったはずの病気が壁として立ちふさがる。結婚生活はしてもいいけど、子供は産んじゃいけないだなんて……
 もちろん、避妊すらしちゃいけないみたいな教派もあるみたいだけど、この教団はそんなことを規制してはいない。
 でも、私たちより一世代二世代前の年輩の信者さんは総じて子沢山だ。牧師はその筆頭で、年輩じゃないが、私に博美さんを頼むと言った彼女の実のお姉さんの順子さんも4人の子持ちだ。
 それでも私たちの世代になると、子供の数は二人か三人の人も多い。それでも、一人っ子ではない。
 博美さんの病気も、治った、奇跡だということが先行し、但しの部分は伝わらない。明日美さんが生まれていることを考ると、もしかしたら彼女は先輩にさえその事実を妊娠するまで隠していたんじゃないだろうか。先輩がもし知っていれば、先輩のことだ、子供を持たないという選択肢を選ぶに決まってる。
 知らないのだから当然だが、年寄り連中は彼女に子供のことを聞いてくる。まるでそれが既婚信者の務めとでも言うように諭される。そして、やっとのことで明日美さんを産んだ後も、『一人っ子じゃかわいそう』と言われる。開き直ることのできない博美さんの性格ではそれは拷問にも等しかったに違いない。
 やがて、博美さんは20歳の時と同じようにたびたび過呼吸を起こすようになっていた。
 そんなときに間が悪く現れたのが、私だったのだ。
 
 


  
スポンサーサイト

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。