スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Turnimg Point 3 

「北村さん……」
「菅沼、止せっ!」
いきなり博美さんを殴った私を見て、慌てて堀木さんが私を羽交い締めにする。
「かっこ良かった先輩をあんなに太らせて、病気にしちゃうなんて。あんたは人殺しよ」
私が羽交い締めにされたままそう叫ぶと、前の方から親族らしい男性がつかつかとやって来て、博美さんをかばうように間に立って、
「それは、そのままあんたに返すわ。あんたがおらんかったら、衛君と博美ちゃんは別れんで済んだんや。そしたら、衛君は一人寂しく大食いする必要はなかった。そしたら、今みたいな結果はなかったはずや。僕は赦しを説く立場やけど、あんただけは許せそうにない」
と早口の関西弁でそうまくし立てた。
「曳津先生、それは違うわ」
先生? ああ、牧師か。悲劇のヒロインはこうやってみんなを味方に付けるのか。
「何がちゃうの!」
だけど、ムキになってそう返す曳津牧師に博美さんは私の想像しなかった言葉を吐いた。
「確かに、私も北村さんのことは許せなかったの。特に、15年ぶりに衛に会った時は、私の15年間を返してほしいと思った。でもね、許せませんって祈っても平安は与えられなかったの。そして神様に『このことを感謝しなさい』って示されたの」
は? 何それ!?
「北村さん、あなたがいなかったら私たちは離婚してなかった。それは事実だと思う。だけど、離婚は私が持っていたコンプレックスから私を解放してくれた。もし、あのまま衛と夫婦を続けていたら、私きっと壊れてたと思うから」
「博美ちゃん……」
「それにね、衛は私と離れることで神様と向き合うことができたと思うの。神様は衛がちゃんと信じた上で引き上げてくださった。昨日の洗礼式で、私ははっきり衛の永遠への道が見えたよ。北村さん、私はあなたがいたから御国に望みがつなげた。それは感謝すべきことだとは思いませんか、曳津先生」
「それは……」
正直言って彼女の言葉は私には全く理解できなかった。
「『絶えず祈りなさい、喜びなさい、すべての事に感謝しなさい』まさにみことばの実践ですね」
そこに今度は若い男性が笑顔で割って入った。
「安藤先生」
この人も牧師なのか。
「曳津先生、先生は私に寺内さんの洗礼準備会を頼むときに言ってくださったじゃないですか。『このことに深い神の配慮を感じる』と。人間的には悲惨だとしか思えないこのですが、神はそれすらも恵みと変えられる。私は今、神のそんな深い摂理に感動で震えが止まらない」
そして、この安藤という牧師は私が全く理解できない事柄に関して目をきらきらさせて感動している。安藤牧師はその笑顔を私に向けると、
「北村さんとおっしゃいまいしたっけ」
と名前を聞いたので、
「今は結婚して菅沼です」
と、訂正した。別にムキになって訂正することもないのだが、何となく旧姓で呼ばれると今でも犯人扱いされているような気がしたから。
「菅沼さん、あなたは本当は自分が不用意にいった一言で寺内さん夫妻が離婚してしまったことを後悔しているんじゃないんですか」
「あ、いえ、ええ……」
 分かっていたけど、目を背けていたそのことを指摘されて、不意に涙が私の頬を伝った。
 どんなことをしてでも手に入れたいと思った。でも、彼は別れた後も自分を見てはくれなかった。彼の目に映っていたのは、いつも一人だけ……何故だ、どうして彼女にそんなにこだわるのかとずっと思ってきた。
 だから、私はこの人に斬られたかったのだ。『衛を殺したのはあなただ』と取り乱して叫ぶ彼女を見たかった。そしたら、私自身の思いに決着を着けられる……はずだったのに。
 それを、この人は恨まれても仕方ない自分に感謝するですって? 
「じゃぁ、悔い改めましょう。悔い改める者の罪を神は許してくださいます。あちらで一緒に祈りませんか」
私は安藤牧師の誘いにこくりと頷いた。そこに私の求める答えがあるような気がしたからだ。










*すいません、大ボケかましてしまいました。

実は一話分飛ばしておりましたんで、この話の前の話を2話としてUPし直してあります。3話なのに何で同じ話なんじゃ! とお怒りになりませんように……(深謝)
スポンサーサイト

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。