スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道の先には……ビク編1

 僕たちが現実に戻ってきてたった一つ気にかかっていたのは、僕たちが居なくなった後のフローリア姫とエリーサちゃんのこと。そのことをおそるおそる先輩に聞くと、先輩は、
「お前知らねぇんだったな。あの後、なかなかケッサクだったぞ」
と言って、僕がこっちの世界に戻ってからのことを話し始めた。


―*-*-*-*-*-


【ねぇ、ビク。目を覚まして。あたし、ビクのお嫁さんになるから、約束するから】
エリーサちゃんが大泣きで僕の身体を揺すぶるのを、みんながもらい泣きしていたときのことだった。僕がいきなりぱちっと目を開いて、
【本当に? 本当に今度は逃げないで私の妻になってくださいますか?】
と言うと、すっと立ち上がって優雅にお辞儀したのだそうだ。
【○×△□※! マミー、あ、包帯してないからマミーじゃないわ、グール!!】
エリーサちゃんはそれを見て、恐怖にひきつった顔をしてありったけの言葉で僕をアンデッド宣言。
【ひどいな、私はまだ腐ってはいませんよ】
【もうすぐ、腐るわ】
死体だもの、とエリーサちゃんは小さな声でそれに付け加えた。
【それは困ったな。私はまだ、あと100年は腐らないつもりなんですが】
それに対して僕は、いたずらっぽい笑みを浮かべてそう返す。
【マシュー、腐らねぇぞ。第一死んでない、こいつ宮本じゃねぇんだから】
【さすがは鮎川さんですね。では、ちょっと失礼します】
何かを気づいた先輩に僕はそう言うと、王様の前にひれ伏し、
【王よ、ビクトール・スルタン・セルディオ、ただいま戻りました】
と言った。
【うむ、よくぞ戻った。で、コータルは無事なのか】
【ビク、ビクトールって?】
エリーサちゃんが僕と言うか、僕もどきのセルディオさんのファストネームに妙な反応する。あれっ、セルディオさんの口振りではエリーサちゃんはセルディオさんのプロポーズを振り切って逃げ出したみたいなのに、どうして彼のファーストネームを知らないんだろう。
【エリーサ様、王にご報告申し上げたら、いくらでもご質問にお答えしますからね、少々お待ちください】
セルディオさんはエリーサちゃんに向かって、人差し指を口に当てながらそう言うと、王様にこれまでの顛末を話し始めた。

スポンサーサイト

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。