スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜が明けて…切り取られた青空-いと-21

夜が明けて…


「ホントにごめん…」
ことが終って冷静になった後、私は彼女にしてしまったことを激しく恥じた。
「ごめんで済まないけど、どうかしてた。でも…エルちゃんどうして逃げなかったの?」
「だって、私まで逃げたらエイプリルさん、死んでしまうような気がしたから…」
彼女から思いもしない答えが返ってきて、私は驚いた。
「いくらなんでも、そんなことはしないさ。」
私はさっき、そんなに悲痛な顔をしていたんだろうか。
「それに…」
「それに?」
香織ははにかんでこう付け加えた。
「私は…私に一番弱い部分をさらけ出してくれてるのがわかって嬉しかったんです。だから、自分を責めたりしないでくださいね。責められると却って落ち込んじゃいます。」
「エルちゃん…」
彼女は私を丸ごと受け止めようとしたのか。私は、彼女はなんと強い女性なのだろうと思った。

そして、夜が明けた。なんだかくすぐったい朝だった。

「シリアルくらいしかないけど、食べる?朝は少しでもゆっくり寝たいから常備してるけど。」
私は髪を梳かしている彼女にそう聞いた。
「良いんですか?じゃぁ、野菜ジュースってあります?」
彼女は立ち上がって私のいるキッチンに向かいながらそう答えた。
「飲みきりサイズのを冷蔵庫に何本か入れてあるはずだけど…シリアルにかけるの?」
私がそう言うと彼女は笑いながら、冷蔵庫から野菜ジュースを取り出して私に軽くかざして見せた。
「まさか!別々ですよ。牛乳かけちゃうと結構カロリーいっちゃうでしょ。それに、シリアルはそのままの方がカリカリで私、好きなんですよ。でも、シリアルだけじゃ物足りないから、同じ足すなら野菜ジュースかなってことなんです。」
「へぇ、そうなんだ。」
本当にみんないろんな工夫をしてるんだなと、私は思った。
そして、用意した朝食を二人向かい合って食べた。

「そろそろ仕事に行かなきゃ。…あれ?エルちゃん、もしかして仕事休んでまで来てくれたの?」
「いいえ。あ、そうか…仕事の内容までブログに書いてませんもんね。私、不動産業者に勤めているんです。公庫の実行日とかでなければ、水・木が通常の休みなんですよ。」
そう言えば彼女、土日の方が更新時間が遅かったような気がする。私は何も彼女のことを知らないのだなと思った。そして、彼女のことをもっと知りたいと思い始めている自分に驚いていた。

俊樹の言うように『早いこと新しい彼女を見つけたほうが傷の治りが早い』のだろうか。それでもいささかこれは短絡過ぎるのではないか。私はそんなことを考えてしばらくフリーズしてしまっていた。。

「早く行かないと間に合わなくならないですか?」
彼女にそう言われて改めて時計を見た。もう出勤しないといけない時間だった。
「あ、ホントだ。○○の駅までしか送っていけないけど、1人で大丈夫?」
私は慌てて身なりを整えながらそう言った。
「ええ、大丈夫です。1人でのこのこやってきましたから。」
香織はそれにくすりと笑ってそう答えた。私は彼女にはかなわないなと思った。
スポンサーサイト

theme : 自作小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。