スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道の先には…… 4

 僕たちが駆けつけると、声の主は茶髪で碧眼の男。大きな荷物を今度は犬? みたいな(そう言うにはかわい気のない)奴らに取られようとしていた。その男自身結構ガタイもデカくて一匹ぐらいなら振り切れるんだろうが、相手は4匹もいて、その中の一匹が指揮して集団的に動いているという、なかなか獣とはいえ賢そうな連中だった。
 僕はそのときになってやっと、自分がリンゴを車の中に全部置いてきたことを思い出した。
「宮本、お前は下がってろ!」
僕がそのことに気づいてあたふたしていると、先輩はそう言って、スパナで犬もどきをボカボカと殴ってあっと言う間に退散させた。

【助けてくだすって、本当にありがとうごぜぇました。この中には王都にもって行かなきゃならんでぇじな手紙が入っていたもんで、焦ったですじゃ】
その男の人は何度も頭を下げながらで早口にそう言った。
【オウト? オウトって何?】
【王都と言えば、王都グランディーナに決まってってでしょ? おかしなことを聞かんでくだっせ】
「先輩、この人変です」
「さっきから出てきている変な化けもんと言い、この外人と言い、確かに妙だがな、俺に言わせりゃお前も変だ。大体俺には何を言ってるのかさっぱりわからん。そんな男とちゃんと会話できているお前っていったい何だ?」
「えっ、先輩わからないんですか。この人王様に届ける手紙を守ってくれたってお礼言ってるんですけど」
「お前こいつがしゃべってることわかるのか?」
ものすごく驚いてそう言う先輩に、僕は逆にビックリしながら頷いた。確かに早口だったし、ものすごく訛ってるけど、この人のしゃべっているのは基本英語だ。それがわかれば、時々くるう文法を少し修正すれば内容はつかめる。
「だって、この人のしゃべってるの英語ですよ」
「英語?」
「ええ、かなり訛ってますけど」
「宮本、お前帰国子女か?」
「いいえ。大学英文科でしたけど、外国なんて一度も行ったことないですよ、僕」
「じゃぁ、何で解るんだ?」
「僕授業ちゃんと出てましたもん」
外国に行ったことがないと言った僕に信じられないと目を瞠った先輩に僕は胸を張って答えた。

「……とにかくだな、この男が変なのかお前が変なのかもう少し行ってみれば判るだろ。おいそこの、お前も乗れ! ……Ride in This car」
先輩はひとしきり頭を抱えてから、そう言って男に車に乗るように強要した。
【この車に乗ってくださいと言ってます】
だけど、先輩に車に乗るように言われてもきょとんとしている男に僕が通訳する。
【コレに? 馬のない馬車に……ですかい? 勇者様方も、モンスターに襲われて馬を盗られたんですねぇ。それでおいらを助けて下さったんかぁ。ここでまず一休みしてから出発ってことですね。んじゃま、Lady】
男はそう言って、先に僕が乗り込もうとしていた助手席のドアを開けると、僕の手を取った。そして、僕が乗り込むとおもむろにドアを閉め、自分は後部座席のドアを開けて荷物をドンと放り込むと自分も乗り込んだ。僕は勇者様とLadyという単語にすごく嫌な予感がした。その部分だけは先輩も理解したらしく、僕の顔を見てぶっと吹きながら車に乗り込む。
【で、これからどうするんですかい】
それから身を乗り出しながら聞いた男に、先輩は答える代わりにエンジンをかけ、思いっきりアクセルを踏んだ。
【ば、馬車が……馬もないのに走って…… ぎゃぁ~ お助けを!!!】
 続いて車の中には、僕たちが駆けつける時に聞いたよりさらにひきつった悲鳴が響きわたったのだった。


スポンサーサイト

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

ご指摘ありがとうございました。只今訂正しました。

だいたい、壊滅的な英語力の私がこんなこと書くのが間違ってますよね。2枚ウインドウを開けずにやったらこれです。

伏線とかうんなもんは全くありません。このたすくにできるわけがないです。
Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。