スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一粒の麦、地に落ちて死なずば…… バニシング・ポイント最終回

 あれから10年あまり、明日美も縁付き女児を産んだ。今日はその娘たちの結婚記念日で夫婦を二人にするため、博美は孫の守を買って出たのだ。
 初夏の日差しの中、孫のベビーカーを押しながら公園を目指して歩く。かつては成人できないと言われた自分が50の齢を既に越していて、血を分けた孫までいる。何だか不思議な気がした。でもそれは、衛の人生を自分が吸い取ってしまったのではないのかと博美は思い、悲しくなった。

 その時……
「寺内さん、寺内さんじゃないですか!」
博美は慌てて走ってきた人物に呼び止められた。
「お久しぶりです。綿貫です。テラさんと同じ会社の、お通夜でお目にかかって。ああ、……あの時には今より50kgぐらい多かったから、分からないですよね」
その人物は目を丸くしている博美に照れて頭を掻きながらそう言った。
「ああ、あの時の……」
「テラさんには本当にお世話になりました。実は、テラさんが亡くなった事をきっかけにダイエットを始めて……香織、ちょっと来て。あ、妻の香織です。この方があのテラさんの奥さんだよ」
綿貫は後ろからゆっくりと近づいてきた身重の女性を紹介した。その手は幼稚園の年長位の女の子のてを握っている。
「初めまして、香織です。ご主人には綿貫が本当にお世話になりました」
博美がその発言に異論を唱えようとすると、
「テラさんがあんな形で亡くなられたのを見て、私は慌ててネットでダイエットを調べてダイエットブログを立ち上げたんです。妻とはそこで知り合い結婚しました。秋には三人目が生まれます。
だからテラさんは私たちにとって、結びの神、大恩人なんです」
綿貫がそう言って、香織を見ると彼女も笑顔で頷いた。
「そうですか……」
それを聞いた博美の目に涙があふれる。
「すいません、悲しませてしまいましたか?」
それを見て慌ててそう言う綿貫に、博美は頭を振った。
「いいえ……本当に嬉しいんです。寺内の死がこんなにも祝されているなんて思ってなかったですから。どうかこれからもお幸せに」
「ありがとうございます」

 【一粒の麦も地に落ちて死ななければ、それは一粒のまま。しかし、ひとたび地に蒔かれて大地に根付けば、それは30倍・60倍・100倍の実りとなる】
 すべては御心だった。そして、死してなお、この様な大きな実を結ばせた衛を心底誇らしいと思った。
 私もまた、その生すべてで主を立証したいと博美は思った。



                             -The End-




スポンサーサイト

theme : 更新報告・お知らせ
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。