スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バニシング・ポイント4

 実際問題、この辺の人は名古屋には買い物で出かけるということも多い。毎回終了時間を大幅に伸ばしてしまうそデュオのコンサートでなければ、電車で充分大丈夫な距離だ。それだけでも、博美が世間並みの20歳の女性然ととしていないことがよく判る。

 それでもコンサートの当日、彼女の姉にもらったというワンピースを着、うっすらと化粧をして現れた博美は衛が息を呑むほど美しかった。
「ほ、ほら乗れよ」
衛は体を精一杯伸ばして、助手席のドアロックを外した。博美は一瞬固まった後、車に乗り込んだ。二人きりで出かけるのに、こいつはやっぱり当然後部座席に乗るもんだと思ってたみたいだ。(だから、背伸びして親父の5ドアを借りずに姉貴の2ドアにしたんだ)衛はその選択をこの後、悔やむことになるのを彼はまだ知らない。

 車は軽快に走り、二人は他愛のない話で盛り上がった。そして、開場よりずいぶん前にたどり着いた二人は、車を駐車場に預けてコンサート会場に向かった。それでも、すでにかなりのファンが集まっていた。どうせさっさと入場し、開演までにコンサートグッズを手に入れるためだろう。二人は列に並んで開場を待った。やがて人の波に攫われるように開場に入る。コンサートグッズを横目で見ながらホールに入り席に着いた。そのとき、博美の様子はごく普通だった。

 だが、大好きなはずのアーティストのコンサートが終わった後、彼女はどこか青い顔をしていて、口数が少ない。結局、帰りもグッズなど見ることなく二人はその会場を後にした。
「なんか食って帰るか?」
会場を出たところでそう聞いた衛に、
「ううん、食欲ない。ゴメン、衛はお腹すいたよね。」
博美は気遣うような眼で頭を振った。会場の人混みにやられたのかもしれないと思った。なので、衛は
「いいよ、俺はハンバーガーでも食いながら走りゃそれで良いから」
と言うと、都会ではごろごろと乱立しているチェーン店のハンバーガーショップでいくつかバーガーを買い込んだ。そして、全く何もお腹に入れないのもどうかと思って、博美にはアイスコーヒーを注文し、直接彼女に持たせる。
「ありがと」
ストレート派の博美はそれに何も入れずに一口すすり、やっと笑った。

 それから駐車場に戻り、むんむんとする車に乗り込む。そして、博美が乗り込んでコーヒーをドリンクホルダーに突き刺したのを確認して、衛は袋からハンバーガー一個とドリンクを取り出すと、残りの袋を博美に預けて、自身もドリンクをホルダーに突き刺し、車を発進させた。
「運転しながらじゃ危ないよ」
博美は発進してからバーガーの包みを開けようとする衛の手からそれをひったくり、食べやすいように折って衛に手渡した。
「お、サンキュ」
衛は前を見ながらそう言うと、バーガーにかぶりついた。
車内にはさっきまで聞いていた、そのデュオの一番のヒット曲であるラブバラードが静かに流れていた。こういうシチュエーションに余計な言葉は要らないのかも知れない、衛はそう思った。

 しかし、最後ののバーガーをもらおうと
「博美、剥いてくれよ」
と声をかけて衛は食べている間裕美が声をかけてこなかった本当の理由を知り、あわてて車を脇に停めた。
「博美、どうした!!」
「い、息ができない……」
博美はそう言って脂汗を流して喘いだ。


 

 





スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。