スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピカルとコルロ

夏だね、とういうことで珍しく童話テイストなものを……ただ、つっこみどころは満載です。



ピカルとコルロ


ピカルとコルロは双子の天使。お空の雲を作るのが神様から言われた彼らの仕事です。

「どうだい、すごくいい出来だろ? この雲は」
ピカルはたったいま作ったばかりの自分の雲の自慢を始めました。
「そんなでもないじゃない。それより、この僕の作った雲の方が素敵だよ」
しかし、コルロはそれをちらっと見ただけで、自分の作った雲に目をやり目を細めながらこう返しました。。
「僕の作った雲の方が形が良い!」
「いや、僕の方が白くてきれいだ!」
「「なんだと!!」」
そして今日もまた、いつものケンカが始まってしまうのでした。

こんなですから、ピカルとコルロの仕事はちっとも進まないのでした。



神様はこのことに非常に心を痛めておられました。
「どうしたら二人を仲良くできるだろうね」
神様は二人をお側に呼び寄せました。

「「神様何かご用でしょうか」」
神様のお側に着いた二人は同時にそう言いました。
「ピカル、コルロお前たちはいつでもケンカばかりしているが、どうしてそんなに仲が悪いのかな。」
神様がそう尋ねると、二人はまた全く同じタイミングでお互いを指さすと、
「「それは、この『ピカル』『コルロ』が悪いんです!」」
と自分たちの名前の部分だけをのぞいて同じ言葉を吐いたのでした。こんなに似ているのに、どうしてお互いを認めることだけができないのだろう、それを見た神様は深くため息をつかれたのでした。
「そうか、お前たちの言うこと解った。しかし、ケンカはいけない。だから私はお前たちに罰を与えることにする。次にお前たちがケンカをすればどうなるか……それは、お前たちの目で確かめなさい」
そして、神様はそう言い渡し、二人を下がらせました。



自分の持ち場に戻った後、ピカルはこう言いました。
「コルロのせいで神様に叱られたじゃないか!」
しかし、その言葉が終わるかどうかと言うとき、言葉が突然ものすごい光を発して下界の町へと飛んでいったのです。
「違うよ、それはピカルが悪いんだろ! 僕はそのとばっちりを受けただけだ」
その光に少しビックリしながらも、コルロはそう言って反論しました。するとコルロの言葉は大きな爆音となってドドンと辺り一面に響き渡ります。

二人はその光の落ちた部分をそっと覗いてみました。すると、そこにはその町で一番大きなクスノキの木があったのですが、真っ二つにおれて真っ黒になってしまっていました。その木はいろんな鳥たちが集い歌を歌うので、二人も大好きな木でした。
「あのクスノキが真っ黒になったのは、お前が悪い」
「いいや、お前が悪い」
そして、二人がそう言ってののしり合うたび、言葉は何度も光り、大きな爆音を何度も響かせました。道に大きな穴が開き、小さな子供が怖がって泣き叫ぶ声が聞こえます。
二人は、お互いを見つめたまま固まって何も言えなくなってしまいました。

「ピカル、コルロ」
その時、神様が二人に呼びかけられました。だけど、二人は先ほどから何か話すと光って爆音を立てるので、声を出すことが怖くて返事ができないでいました。
「心配しなくていい、普通に話すことには何も起こらないから」
「「ホントですか!」」
二人はまた同時にそう言いました。その言葉は光ることも大きな音もしませんでした。
「そうだ、普通に話すときには何も起こらない。しかし、お前たちが互いのことを悪く言うとき、それはいかずちとなり地上に降り注ぐ。その場にある木はなぎ倒され、生き物はその命を失うことになる。ふたりは地上のものたちが好きか?」
「「はい」」
「ならば地上のものたちが傷つかぬよう、お互いの言葉を慎むように」
「「はい」」

それから二人がケンカをすることはほとんどなくなりました。

でも、時々はまだ意見が合わなくてケンカになってしまうことがあり、ピカルの言葉は稲光となり、コルロの言葉は轟音となって降り注ぐのです。

そして、ケンカが終わった後、二人は自分たちのことが情けなくなり、いつもわんわんと泣いてしまうことになるのでした。

雷の後大雨が降るのは小さな双子の天使が流すごめんなさいの涙なのです。

                                  
                           -おしまい-






スポンサーサイト

comment

う~ん、こういうのもいいっすね。

似合わない

マカロンさんへ

小さな頃雷に大泣きだったあぐりんのために作った物語です。

いまいち対象年齢が定まらず、神様の物言いがかなり難し目のような気がするし、他の天使たちとのかねあいとか、下界の人たちとの絡みも入れても良かったとか、後から反省しきりの作品です。

ま、童話は似合わないなと自分で思いました。

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。