スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたしのお母さん-Love Grace

あたしのお母さん


「うふふ、メグちゃ~ん。おかあさん、今度賞に応募することにしたから。大賞とったらあんた、何が欲しい?」

朝起きぬけにこんな寝ぼけた事を言ってるのは、あたしの母親、光子さん。この人は大体夢の中で生息している。

でなきゃ、40も半ば過ぎてゲーマーだったり、オタクで娘のあたしよりあたしの友達と腐女子トークを炸裂させるなんてあり得ないでしょ。

そんな危なっかしい母のフォローをすること20ん年、あたしはすっかりしっかり者で面倒見の良い性格になってしまった。

お母さんは確かにここしばらくネットで小説を書いている。だけど、今の世の中ネットで小説書いてる奴なんて掃いて捨てるほどいる訳で、そんな一介のおばさんの文章を誰が取り上げるんだって思ってた。

いや、お母さんの努力を否定してるんじゃない。それこそ彼女は夜も寝ないで昼寝して?! その作品を書き上げた。それは認めてる。

だから、原稿を出した後半年以上も経って、
「〇〇社編集部の高貝と申します。光子さんいらっしゃいますか?」
って電話があった時、お母さんがまたネットで小説買ったんだと思ったくらいだ。だけど、
「野江光子さんが今回弊社に応募頂きました小説賞の大賞に選ばれましたので、今後の事をご相談するためにお電話致しました」
って、続けて電話の相手が言ったんで、あたしはプチパニックに陥った。

は? 大賞?? お母さんが、大賞?! はぁーっ???? 
「お母さーん!」
2階で電話をとったあたしは、階段を落ちそうになりながら降りて、台所で旨そうにトマトを食っていた当のご本人、野江光子さんに受話器を渡した。








※タイトル降りてこーい!と叫んで降りてきたもの。それは、あのBLもどきのタイトルではなく、「遠い旋律」の野江恵実ちゃんのサイドストーリーでした。

「遠い旋律」のキャラですけど、それは無視して頂いても全く問題のない別話です。
スポンサーサイト

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

tag : *

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

慌てて入れたら、やっぱりね……

シークコメ様

言われると思てました。大体、「旋律」シリーズ自体が願望小説ですからね、ギリのとこ走る予定です。

それから、ご指摘のあった件、もうお気づきでしょ? eが余分だったんです。つまりメグミです。
Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。