スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会のご案内-ボクのプレシャスブルー1

ボクのプレシャスブルー

運動会のご案内


 私たちが結婚をして十年の今年、下の子供の治人が小学校に入学した。
「お父さん,ただいまぁ」
「お帰り治人。あ、そこに宮野のおばちゃんからもらった饅頭があるから、手を洗って食べなさい」
「はーい。宮野のおばちゃん、今度はどこに行ってきたの?」
「どこだっけ、ああ長野だ。『牛に引かれて善光寺参り』って言ってたから。」
 この宮野さんと言うのは、私が主宰しているパソコン教室の生徒で、老人会の顔役だ。その老人会のイベントで、ああ今月はここ、来月はあそこと国内を飛び歩いているのだ。そして、その度にご丁寧に毎回手土産を提げてやってくる。しかし、『牛に引かれて善光寺参り』と言いながら上機嫌だったぞ、あのばあさんは。

「あ、お父さん忘れてた。はい、これ」
饅頭を食べ終わると治人はランドセルから一枚の紙を取りだした。それを見て私の顔が歪む。
それは、運動会のパンフレットだった。

 ウチの子供たちの小学校では何年か前から運動会は春に行われるようになった。それまでの三学期制から二学期制に移行したからというのが表向きの理由だが、本音は昨今中学受験が増えたので、そうした六年生の児童のための配慮のようだ。
 私は徐にそのパンフレットを開いて中身を確認する。……ああ、やっぱりあった。私は午前の部中ほどにある、一年生が保護者と参加する競技を見てため息をついた。

 その時、つかつかと入ってきた人影に、私はそのパンフレットを奪われた。
「すっかり春の行事にされちゃったよな、オレらの頃は秋だったのに」
そう言いながら、私に許可もなしに土産の饅頭にも手を出しているのは、純輝だ。こいつは私の妻さくらの死んだ元婚約者の甥という微妙な立場をものともせず、その上自身が四歳でさくらが私と結婚しているというのに、未だにさくらを密かに狙っている、ある意味強者だ。
「純輝」
「よしりん、コレなかなか旨いな。いつものばあちゃんの土産?」
その証拠に、私はこいつより三十歳も年上だというのに、何気にタメ口だ。
「俺は君にまだやると言ってないぞ」
「あ、いただきます……ごちそうさま」
純輝は片手で手刀を切って、そう言うと私に向かってニッと笑った。実はこういうふざけた野郎だったのか、高広は。周りから純輝が高広とそっくりだと聞かされるたび、私は複雑な思いに捉われる。

「あ、コレね。子供が乗っているそりを親が引っ張って走る競技か。いいよ治人、オレが出る」
そして、治人は純輝に親子競技のパートナーを打診していた。
「純輝! 君は治人の父親じゃないだろ!!」
「じゃないけど、さくらちゃんの息子はオレにとっても息子みたいなもんだし、どう考えたってよしりんムリじゃん。普段走り回ってるさくらちゃんを走らせるなんてことできないし、ならオレが出るしかねぇじゃんよ」
「ムリなんかじゃない! 競技には俺が出る!!」
そうだ、治人の乗ったソリは片手で引っ張るものだ。杖をつけば動ける。私は純輝の『どう考えたってムリ』という言葉に大人げなくむきになってそう言い張った。
「ダメ、お父さんはダメ! ボクは純兄が良いの!」
すると治人が目にいっぱい涙をためながら、私の参加を拒絶したのだ。
……そうか、治人。やっぱりこんな父親は嫌だよな……私は、息子の言葉にがっくりと肩を落とした。






*またまた芳治・純輝の姻戚コンビの小ネタをお届けします。時期ものなので?早めにサクッと仕上げる予定。
スポンサーサイト

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

comment

NoTitle

おおーーーー!
プレシャスブルーだーーーー!
カッチョエー!!!

NoTitle

>マカロンさんへ



どうしても戦隊モノのヒーローを表紙に使いたくて、今回頑張って手書きしてみました。下手っぴですけど、治人が書いたことにすればいいじゃんって。(にしては上手すぎるらしいですが)

著作権があるので、元絵からは少しずらして、胸にはプレシャスのPの字を入れました。

私的にはかなり気に入ってます。
Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。