スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い涙(改稿バージョン)2

「樹、樹?どこに居るんだ」
その時、洋館の中から少女を呼ぶ声がした。
「ここです」
その声に反応して一人の20歳くらいの青年が出てきた。
「駄目じゃないか、断りもなく庭に出ちゃ」
青年はそう言いながら、どうも樹と言う名前らしい少女の頭を優しく撫でた。
「お兄ちゃん、今は水やりの時間だと思われますが」
そんな兄を見上げて樹はそう答えた。お兄ちゃんと呼ぶ割には、その受け答えは何か会社での報告を思わせる。
「あ、そう言えばそんな時間か。それでも、外に出るときにはそう言って出て欲しいな。心配するから」
そんな樹に、彼女の兄はまるで幼い子に諭すようにそう言った。記憶がなくなった経緯はわからないが、自宅前に出るのも心配するのは少々過保護なのではないか、(そんなことしたったら、樹ちゃん窮屈やないか)昂は少し憤慨しながら、今度は兄の心を覗いてみようと試みた。しかし、樹同様兄の方も全くと言って読む事が出来なかったのだ。
(もしかしたら、俺の能力の方が消えてしもたんかも…)
昂は、日頃からこの能力について苦々しく思っているにもかかわらず、焦っている自分がいるのを感じた。

 そして、尚も意識を集中させると、彼らとは別の方向から“声”が飛び込んできた。
(あかん、遅刻しそうや!!お母さん、朝ごはんなんか要らんのに…)
そしてその“声”のする方を見ると、近くの女子高の制服をきた生徒が、自転車を漕ぎながら血相を変えて坂を上っているのが遠くに見えた。
(あの子の“声”はあの距離で聞こえてくる。やっぱり俺がおかしなった訳やない)
 昂はホッとして再び兄妹の方を見て…ギョッとした。いつの間にか樹の兄が自分に気づいて自分の事を睨んでいたからだった。普段は殺気の方が先に自分のところにやってくるので、それからその方向を確認する感じだから、顔を見るまで睨まれていることに気付かないのは初めての経験だった。
「君は誰だね、ここで何をしている」
続いて彼にそう言われた。それで昂はペコっと首だけで会釈すると、
「あ…俺、I高2年の根元昂です」
「それで、そんな高校生が一体ここで何をしてるというのだ」
相手は明らかに迷惑そうにそう質問してきた。
「あの…妹さんが俺に挨拶してくれたから、いつ引っ越してきたんかなぁと思て、妹さんに聞いてたんです。ここに家なんかなかったと思うから」
「失敬な!僕たちは生まれた時からここに住んでいる!!何を証拠にそんな言いがかりを付けるんだね」
そんな昂の言葉に相手は明らかに狼狽えた様子でそう叫んだが、甲高い叫び声とは裏腹に、感情の方は些かも伝わってはこなかった。
やはり、同じ能力者…しかも自分よりは数段上のレベルなのかもしれない。

(せやけど、失敬なとかちょっとおっさんくさいしゃべり方やな)
昂がそんなことを思って、少し頬を緩ませた時、
「それより君、制服姿のようだが、学校には行かなくていいのか」
樹の兄は相変わらず不機嫌そうにそう言ったので、昂ははめている腕時計を見た。
「あ…」
もうすぐ授業が始まる時間になっていた。
(そう言うたら、さっきの女の子遅刻するって言うてたもんなぁ。あの子の学校の方が、ウチより近いし。やばっ、今から行っても完全に遅刻やん)
「早く行かないと、遅刻するんじゃないのかい。早く行きたまえ」
樹の兄は苦々しげに昂を追いたてた。
「あ、ああ…どうも…」
昂は再度軽く会釈すると、去り際、
「なぁ、君…何樹ちゃんって言うの?」
と尋ねた。
「私の名前ですか。私の名前は笹川樹です。お兄ちゃんの名前は笹川京介です」
と、抑揚なく兄の名前まですらすらと昂に告げた。
「樹、見ず知らずのこんな奴に…僕の名前まで教えなくていいんだ!!」
すると樹の兄-笹川京介は、樹に向かって苛立った様子で声を荒げた。
「お兄ちゃん、聞かれた質問には答えるのが正しいのではないのですか」
それに対して、樹は兄をそうたしなめた。相変わらず感情のこもらない言い方ではあったが、それでも昂には樹が自分の味方についてくれているような気がして、なんだか小気味良かった。

そして、昂は樹に手を挙げてまた自転車を漕ぎ始めた。
(そうか、笹川樹ちゃんかぁ。かわいかったなぁ…)
昂の目には、その場を去った後も樹の顔がずっと焼きついていた。
スポンサーサイト

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。