スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.見知らぬ洋館-赤い涙(改稿バージョン)1

1.見知らぬ洋館


 学校への近道の急な坂を自転車で上っていた昂は、その坂の中ほどに今まで見たこともない家が忽然と建っているのを見つけた。いくら昨今建築技術が向上したと言っても、一朝一夕でそんなものが建つとは思えないし、その建物は昨日今日出来上がったような新しいものではなく、建ってからおよそ百年は経つのではないかというような古めかしい洋館だった。

(まぁ、どうでもええか。俺が住んでる訳やないし)
昂はそう思いながらそこを自転車で通り過ぎようとした。
 その時、庭に続く扉が開けられ、そこから自分と同じくらいの年恰好の少女が現れた。彼女は昂を見ると、ご丁寧に45度の角度でお辞儀をして、
「おはようございます。今日はよい天気ですね」
と言った。昂は自転車を停めて空を見上げた。確かに空は泣いてはいないが、そんなに上天気と言うほどでもない。それから昂は徐に挨拶の主の少女を見た。
「お、おはようございます…」
(か、かわいいやん…)
白く陶器のような肌に、長いまつげ、黒目がちな瞳、まるでアンティークドールが実体化したかのようなその容姿に、彼はつっかえながら挨拶を返した。しかし、少女はそれに対して見向きもせず、黙々庭にと水を撒き続けている。
(は?!自分から声かけたんそっちやろ。声かけたまんまでスルーかよ)
「なぁおたく、最近引っ越して来たん?この辺家なかったと思うんやけど」
(そう、昨日まではなかったはずや…)昂はそう思いながら少女に尋ねた。
「私はずっとここに住んでいますが。ただ、3か月以上前の事は分らないのです。お兄ちゃんに引っ越ししたとは聞いておりませんので、それまでも住んでいたとは思われますが」
昂の質問に少女はこの辺の方言ではない極めて標準的なアクセントで、事務的にそう答えた。(記憶喪失やったらしゃーないなぁ)昂はそう思ったものの、何だか釈然としない。ならばと、彼は奥の手を使うことにしたのだが…

「う、うそやろ?!」
思わず、彼の口からそんな言葉が出た。彼女を瞠る彼の瞳孔は開いていたかもしれない。
なぜならその少女の感情が、テレパスの彼に片鱗すらも感じられなかったからだ。

 記憶を失う三か月以前のものはともかく、たったいま現在の感情すら見えないのはどうしたことか。動機は彼女自身が忘れてしまっている三か月以前の記憶を引き出すことが出来るかも…などという、ちょっとした“助平心”からだったのだが。それだけに最初から、深層心理まで覗きこむようにぐっと意識を集中していた、なのにである。普段は他人の感情に振り回されることになるので、意識して読まないようにしているくらいなのだ。それでも、多感な時期の少年少女たちからは、そんな彼の努力すらもふいにしてしまう程、感情を爆発させてくることが多いというのに。
少女はどう見ても中学生以下ではない。あるいは自分と同じ高校生か…
(そんならこの娘、俺とおんなじ能力持ってるんか?)
相変わらず少女が水を撒き続ける中、昂はその場にフリーズして立ち尽くした。
 



はい、SF短編賞落ち原稿です。手直し前のをご覧になりたいチャレンジャーな方は、ポータルか話NAVIまで…
スポンサーサイト

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。