スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこまで出しゃばるんじゃ、てめぇは!!

今回も…また今回もあやつの乱入…

たった一人残され、愛する者の所に向かおうとしていた芳治が、少しずつ新しい世界・家族を作り上げる姿を書きたかっただけなのに、それで後の娘婿になる純輝に焦点を当てて書きたかっただけなのに…

高広、今回もしっかり登場してきましたねぇ。前回は人良さげに、無言で会釈だったのに、今回はさくら奪還に燃えたりなんかして。

高広そっくりの男の子が最初に生まれたとしたら…そうじゃなくてもみんなは生まれ変わりとして接してしまうだろう。それはダメだ!その子はたとえ生まれる前に亡くなった命でもたった一つの命…そんな想いも込めて、初めて生まれた子は女の子の初羽にし、純輝へのメッセージも込めての幻の第六子でした。

でも…高広にしてみれば、嫌いで別れたわけじゃない。無理やり引き裂かれたようなもの。今度こそ!みたいな気持ちはあっても不思議はないですが。

…って、純輝=高広のように書いている作者ですが、実際のとこ、芳治と同じくなりきりなのかモノホンなのか作者本人が分っておりません。読者様の想像にお任せするということで…

最後に、一言。
「高広っ!てめぇ、いーかげんにしろよ!出しゃばりすぎだぞ。」

失礼しました。

スポンサーサイト

theme : 物書きのひとりごと
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。