スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交響楽(シンフォニー)9

ただでさえ最高学府への入学は大変だ。しかも、看護師・助産師・保健師など看護にまつわる資格は理数系だ。高校を卒業してから干支を一回りする年月を過ごしたさくらがいきなりそれに合格するとは周りの者も、本人すらも思っていなかった。

だからさくらは、いきなり今までの職を辞することはしなかった。仕事を持ちながらの大学受験。その上子どもたちはまだ小さい。横で見ているだけの私が疲れてしまうほどに、さくらは何にも手を抜かず頑張り続けた。

そして、驚くかなさくらは、一度も失敗せず新しい世界への切符を受け取ったのである。

さくらは職を辞し、新しい世界に飛び込んだ。だが、無事入学したからと言って彼女の忙しさが軽減されたわけではなかった。
彼女には看護師の経験はあったが、それは整形外科で産婦人科ではない。毎日が新しい事の発見らしく、それを喜々として話しながら相変わらずめまぐるしく動き回る。そんな彼女に周囲はひやひやしながらも概ねエールを送っていたが、明らかに異を唱えるものが一人いた。純輝である。

「よしりん、いい加減止めろよ。このままじゃさくらちゃん潰れちまうだろ。」
彼女が泊りがけの実習に言ったと聞くと、彼はそう言って私を責めた。ちなみに、この“よしりん”というのは笹本家の面々が私を呼ぶ呼び方だ。命名は一番上の初羽。

独身でいたさくらのことを“おばさん”と呼べなかった初羽や純輝は、さくらの事を当時から“さくらちゃん”と呼び慣わしていた。それで、夫の方だけをおじさん呼ばわりするのは子どもながらに失礼だと思ったのだろうか、私の名前芳治から、某人気アニメの脇役のニックネームを引っ張り出してそう呼ぶようになった。今では一番末の娘の彩加(さいか)まで回らぬ舌でそう言うのだから。私はつくづくと初羽があの時、“芳治ちゃん”と呼ばなかったことに密かに感謝している。

「言って止められるもんなら、もうとっくに止めてる。それができないことくらい、君が一番よく知ってるだろ。」
私はその時、なぜかそう答えてしまった。純輝のしゃべり方が、いかにも子どもののそれではなく、一瞬高広と会話しているように錯覚してしまったようだった。
スポンサーサイト

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。