スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切り取られた青空-いと-6

それが…かりんとの出会いであった。
今から考えると、ダイエットの方法はそれこそ人の数ほどあるけれども、ダイエットにかける意気込みとか信条は案外似たようなものなのかも知れない。しかし、減量体重は同じ50kgで初めてのコメント、しかも自分と本当に同じような考えを持つかりんからのそれは私の心を大きく揺さぶった。

そして、何回もコメントをやり取りする中で、彼女が私に対して気のあるそぶりをしているように思えることが時々あった。もちろん、彼女が家庭を持っていることは彼女のブログを見れば一目瞭然なのだが、彼女は夫のことはほとんど記事にすることがなかったので、私にはいまいち実感に欠けた。

それでもかなり長いこと、私たちはそれこそ普通にコメントをやり取りするだけのブロ友だった。

-30kgを境にぴたっと彼女の体重減少が止まったとき、彼女はダイエットはもとより、心理学や哲学の本まで読み漁っていた。その頃、私は昔手に入れて当時読み返した本のことを記事にした。彼女はその本を是非読みたいとコメントしてきた。既に絶版になっていたため、ネットの中古市場をあたってみたもののヒットしなかったと書かれてあった。

ならばと、わたしは彼女に本を貸すことを持ちかけて、メールアドレスを交換して送られてきたメールに書かれた住所に本を送った。

しばらくして…かりんから読み終えた本とお礼のマグカップが届いて、…それが自分の好みそのままなのに驚いた。そのことを正直にメールしたことがきっかけになり、コメント以外に直接彼女とのメールの送受信が始まった。

この頃になると、私はかりんが私に好意を持っていると確信していた。

彼女に逢いたい…私は狂おしいほどにそう思うようになっていった。





スポンサーサイト

theme : 自作小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。