スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HANABI8

狭いプリクラのブースに3人で入る。
「さてっと、ここにお金を入れてっと…」
そう言いながらメグがお金を入れようとした時、
「金か、それならば拙者が払おう。」
一之助はいきなりそう言いだした。
「良いわよ、私が誘ったんだから、ここは私が払うよ。」
メグは笑顔でそう返した。だけど、それに対して一之助は真顔で、
「いいや、拙者に払わせてくれ。この本山一之助、女子に金を払わせたとあっては男の名折れじゃ。」
「男の名折れって、大袈裟~!」
そうやって、メグと二人どっちがプリクラの料金払うか揉めだした。全く…喫茶店での中年のおばさんじゃあるまいし。時間かかってしょうがないじゃん。俺は息を吸い込むと、
「ちょっと待ったぁ!ここは俺が払う。メグは俺が誘った。俺は男だ。何か文句あるか!」
と言った。
「ござらん。」
「な、ない。」
と二人がほぼ同時に答えた。
「よし、決定!!」
俺は料金を投入口にぶっこんでため息を漏らした。

「一之助、光るけど爆発しねぇからな。」
「先ほどのと同じような箱じゃな。拙者も同じ様なものにいちいち驚いたりせんわ。」
それで、撮る段になって俺が一之助にそう言うと、一之助はそんな風に余裕こいていた。だけど、いざフラッシュがたかれた時、
「か、雷!!」
と予想通り素っ頓狂な声を上げた。俺とメグは大爆笑。
「だから、光るって言ったろ。」
それに対して一之助は、なんか意味のわからない文句をぶつぶつつぶやいていた。
『コノ写真でヨロシイデスカ。』
機械がモニターを映し出す。
「やっぱ、逃げてるよ。」
一之助は何とも言えない怯えた表情になっていた。それを見た一之助は怒るかと思ったら、
「そっくりの絵が!こんな短い間に誰が書いたんじゃ。」
とビックリして目を瞠っている。この写真で決定すんのはちょっとかわいそうかも。そう思って、俺はリセットボタンを押した。
「圭治、何故消した。」
慌てる一之助に、
「コレ、3回までなら撮り直しが出来るんだよ。」
「撮り直しとな?」
「だから、もっかい光るぞ。」
そう言った途端、フラッシュがまた光った。今度は一之助完全に俺の方を向いている状態。
「あ、こりゃダメだ。」
俺は再びリセットボタンに手をかける。
「圭治、ちょっと待て。拙者後ろに回ろう。」
一之助はそう言うと、すばやく俺たちの背後に回り込み、フラッシュがたかれる刹那、やにわに俺とメグの首を掴んで、俺たちの頬と頬をくっつけさせた。
「きゃぁ、何すんのよ!」
「一之助、何しやんだよ!」
俺たちが同時に叫んだ。
「記念なのだろう?では男女は寄り添うが良かろう。」
「だからってどうして私が圭治と…。」
それは俺の台詞だ!とは言え、もうリセットは出来ない。
頬をピッタリくっつけて驚いて真っ赤になってる俺たちと、その後ろでしたり顔で笑う一之助のプリクラが、40秒後取り出し口から現れた。

スポンサーサイト

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。