スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HANABI3

風呂から上がった一之助に、俺は中学生の妹、雅美のジャージを着せた。176cmの俺のジャージは、160cmあるんだろうかっていう一之助にはがばがばだったからだ。臙脂色のジャージを着た一之助は、初めて見たときより随分若返った。初めて見た時は30歳位だと思ったけど、25歳…もう少し若いか。
俺が、リビングでソファーに座ると、一之助も真似してソファーに一旦は座ったが、沈み込むクッションに弾けるように飛び退き、結局フローリングに直接胡坐をかいて座った。
「俺がこれから話すことを、途中で茶々入れないで聞いてくれないかな。たぶん理解はできないだろうけど、(何せ俺もついていけてるとは正直言えない状態だし)事実として受け止めてくれ。」
「承知した。」
こうなったらどうにでもなれと言わんばかりに、一之助は無愛想に答えた。
「本山さんさぁ、あんたは今、自分の時代から430年未来の時代に居るんだわ。」
「430年未来とな?」
やっぱ解んないよなぁ、と思いつつ無視して俺は先を続けた。
「これを見てほしいんだけど。」
俺はパソコンのディスプレーを指さした。
「これで見ると、天正八年は西暦で言うと1580年になるんだ。そして、今居るのが2010年…あんたが間違いなく天正八年から来たって言うんなら、430年先の時代に居るってことになるって訳。」
「拙者は時を越えたと言うのか?!信じられぬ。大体、西暦と言うのは何じゃ。」
は?西暦の説明までしなきゃなんねぇの?!まるで日本史の勉強会だよ、これじゃぁ。俺はそう思いながらなけなしの歴史知識をフル稼働させた。
「西暦はまだ一般的じゃないのか。ヨーロッパ…いや、南蛮…あれも江戸時代からの言い方だっけ、ああ、ややこしっ!とにかく異国の暦で、確かイエス・キリストの生まれたのが元になってるとか聞いたけど。」
「イエス・キリスト…ああ、キリシタンの事か。では、高橋殿はキリシタンなのか。昨今キリシタンは雨後の筍の様に増えておる故。430年後ならさぞかしたくさんおるだろう。」
へぇ、そっか…あの頃キリスト教が日本に伝わったんだから。きっと、珍しいもん好きが飛びついたんだろうな。
「別に俺はクリスチャンなんかじゃねぇよ。じゃねぇけど、長い年月を計算するには便利だから、元号も使うけど西暦も使うんだよ。第一元号って年数一定じゃないじゃん。それに、明治以前の元号なんてそもそも知らなねぇぞ。」
ああ、めんどくせぇ。カタカナの言葉はまず間違いなく使えないし、西暦まで使えないって、どうよ…
「とにかく大事なのは、あんたが今、430年先の時代に居るってことさ。」
「何故だ!」
「解んねぇよそんなこと!でも、ここは2010年、それだけは間違いねぇ。」
「そうか…430年先の時代か…姫様は、どこにおられるのじゃろう。」
ここが430年先の時代だとようやく理解して、一之助は上を向いたままじっとしている。
「その姫様ってのさぁ、元の時代に居るんじゃない?」
「いい加減なことを言うな!」
俺は別に慰めるつもりでもなく、そう言ったら、一之助は間髪いれずに怒鳴った。
「いい加減じゃねぇよ。一緒にタイムスリップしたなら、バラバラのとこに行くなんて考えにくいからさ。」
「タイム…?それは何じゃ?」
しまった!こいつカタカナは一切通じなかったんだよな。解っているんだけど、普通に今まで使ってるから、つい出ちまう。
「時間の壁を越える事を言うんだよ。ずれるように時空に飲み込まれるんだとしたら、一緒のとこに行くだろ、フツー。」
「それはまことか?」
「ああ、たぶん…」
「それで…拙者は元の時代に戻れるのか?」
「解んねぇよ、そんなの。あんたがどうしてここに来たのかも解んないのに。」
「では、姫様はどうなるのじゃ。敵に囲まれても助けて差し上げることもできん。」
姫様ともはぐれた、それに元の時代に戻れないかもしれないと言うと、一之助はそう言ってわなわな震えた。そして、
「殿、この不肖本山一之助、殿の信頼を裏切り姫様をお守りすること叶いませなんだ。この失態は、詰め腹切ってお詫びを…」
と言って、自分の荷物から脇差を取りだした。おいおい、詰め腹切ってってそれ…切腹じゃねぇかよ!!
「それでは、高橋殿色々と世話になり申した。それでは、御免!」
「ちょっと、ちょっと待ったぁ!!!」
俺は、慌てて切腹しようとしている一之助から強引に脇差を奪い取った。
「何をする!生き恥さらしては、殿に申し訳が立たぬではないか!」
「ここは俺んちだぞ!こんなとこで死なれちゃ困るんだ!!」
「それでは拙者の…」
「だから、ここで死ぬなってぇの!!」
俺、もう限界だぁ~…
スポンサーサイト

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。