スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラレルお料理教室

今回、龍太郎の好物として出てきた「クラシックショコラ」。
これは、夏海寄りの目線。

龍太郎は本当のところ結構甘い物好き。しかし、病気の再発を恐れてあまりお菓子を食べないようにしていました。そんな彼のために夏海が作ったのが、自作で甘さを極力抑えて作られたこのケーキなのです。

酒豪で甘い物が苦手な夏海もこのケーキは好きでした。なので、ほのかを妊娠した際、甘い物を欲するようになった時に一番最初にチョコレートケーキが頭に浮かんだ訳です。

実は、このケーキ…私自身の得意料理でもあります。というより、ものすごく簡単でおいしいのです。

材料は卵白と牛乳とココアと小麦粉に砂糖。これだけ。

卵白6個分(200g)を砂糖70gを入れてメレンゲにし、そこにと小麦粉50gココア50g牛乳100ccを入れ、あればチョコリキュール(うちの近所では売っているので、使っていますがなくてもバニラエッセンスでOKです)を入れてかき混ぜ、容器に流しいれたら(私の場合火の通りがいいので、シリコンカップに10等分して入れてます)190℃のオーブンで20~22分焼きます。

ただ、このケーキを作ると卵黄がたくさん残るのです。卵黄と言えばマヨネーズ…かもしれませんが、私はマヨが嫌い(加奈子のように恐怖症ではなく、本当に嫌い)余った卵黄は、茶碗蒸しとか、カスタードクリームに化けます。でも、この間バザーのようなものに出品したときには30個も作ったので、卵黄だらけ。あれから20日経つのに、まだあの時作ったカスタードクリームが冷凍庫で残ってます。
卵黄の利用法がこれからの課題です。
スポンサーサイト

theme : 物書きのひとりごと
genre : 小説・文学

comment

ネットで調べてみました(///o///)ゞ テレテレ

 ヾ(* ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄*)ノこんばんわ♪
 ケーキ美味しそうですね。昔はお菓子作りしていたんですが、最近しなくなりました。
 卵黄ですか…みそ漬けはどうでしょう?
-----------------------------
みそとみりんを3:2で合わせ、みそ床を作ります。
2/3量を密閉容器に入れ、くぼみを作り、卵黄を静かに落とします。卵黄をくずさないように残りのみそをのせ、冷蔵庫に2晩おきます。酒の肴などに。
 卵黄が少量でみそ床を作るのがめんどうなら、ココット型など小さな容器に卵黄を入れ、しょうゆとみりんを、卵黄が隠れるくらい加えて、冷蔵庫でひと晩。そのまま温かいごはんなどにのせて食べます。
----------------------------
 …だそうですよ(⌒-⌒)ニコニコ...

何気に偏食なたすくです

蘭陵邑 さんへ


ありがとうございます。
味噌卵ですか。うーん、どうなんだろう。私がマヨ嫌いの理由って、生卵だからなので、もしかしたらそれもダメかも知んない。

口に合えばご飯が進みそう。それも怖いかも。
Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。