スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エピローグ(marine side)

エピローグ(marine side)


【ミク、何を一生懸命書いているんだ?】
私が夜中、パソコンを叩いていると、ジェラールにそう言われた。
【うん?いろいろあったけど、私の人生って面白いかなと思って、今までの事をぽつぽつと書きためてるの。でも、日記にするのも面白くないかなと思って、少し違うことも書き加えて小説にね。】
本当は全部事実だけど、パラレルワールドなんて信じてもらえるはずもないので、私はそう言った。
【えっ、ミクが主人公?見たい!】
すると、彼はそう即答した。そんなジェラールに私は、
【見たいって日本語よ、解らないでしょ?私、自分の文章翻訳なんかしないわよ。】
って返した。本当は見られるのが恥ずかしかったからなんだけどね。
【それでも良いからって言ったら、君は見せてくれるのかな?】
【良いけど…】
読めない日本語の文章を見てどうするつもりよと思った私に、彼は一言、
【君は翻訳ソフトの事を忘れてないかい?第一、私がもっとミクの事を知りたいと思うのはイケナイ事なのかな。】
と言った。あ、しまった、忘れてた。翻訳ソフトの精度って今はかなり良いのよね…
それに、私は彼の『もっとミクの事を知りたいと思うのはイケナイ事なのかな。』という言葉にも感動していた。
【じゃぁ、私の見ていないところで、翻訳ソフトで勝手に見てくれるって言うんなら良いわ。】
私は渋々という調子を装ってそう答えた。

数日後…
【ミク、これ不思議で感動的で…本当に良いよ。私だけじゃなくてもっといろんな人に見てもらいたい。ただね、1つだけ気になるのは「future」って言葉が多用されてるんだけど、これ何?意味がつながらないんだけど。】
私は、それを聞いて吹き出した。それは、精度が良くなった翻訳ソフトでもカバーできない、最後の欠点とでも言えるもの。
【ああ、それは私の名前よ。私の名前は、英語では未来を意味する単語になるから、名前だと思わずに訳しちゃうのよ。】
【そういうことか!それを除けばすごく良かった。そうだ、Webででも発表すればいい。絶対にウケるよ。企業名や個人名を変えればいいんだ。】
謎が解けたジェラールは私にこの話を発表するように言った。
【ダメよ、これ龍太郎さんの事が書いてあるし、見る人が見れば判っちゃう。】
【大丈夫だよ、誰も君が書いてるなんて思いやしないさ。】
【それに、私の名前が未来だから「Future」なのよ。名前を変えたら、この話成立しなくなっちゃうわ。】
【君は、ハンドルネームに本名を使う気かい?ねぇ、出そうよ、これ。君と君の家族との生きた証にもさ。】
書いたものの、人前に出すつもりなんて少しもなかったのに、ジェラールは一生懸命私にWebに載せるように説いた。はじめは絶対にイヤだと思ったけど、ものすごく熱心に言ってくれることと、『生きた証』という言葉が私を捉えた。

私は、自分の事に先立って、ママの事から書くことにした。
タイトルは「パラレル」にした。気持ちは最初からつながっていたのに、決して交われなかった彼らの道筋を思って、「並行」という単語を充てた。

そして私は、パソコンに向かって言葉を紡ぎ始めた。
-私の…私たち家族の生きた証を-

                           Future -fin-
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。