スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖画

「これでどう?」
「いいよ、ありがとう。」
私は念願のマイホームのリビングにお気に入りの絵を掛けるように夫に頼んだ。
その絵は鉛筆書きのイエス様。
思いの外ごついイエス様が満面の笑みを浮かべて手を広げている。横には小さな羊。残りの99匹を置いてでも1匹の羊を探す聖書のお話しの絵。

その絵の作者は木原直人、彼の両親が先生をやっている教会学校に私も通っていた-幼馴染みとでも言えばいいのだろうか。
だけど、彼は話はそっちのけで先生であるお父さんの横で、ニコニコしながらいつも絵を描いていた。
イデオ・サヴァンと言うらしいが、日常生活は出来るくらいの軽度の知的障害だと聞いた。本人の中の時間がゆっくりな分、何か飛び抜けて素晴らしいものを持っていることが多いらしい。直ちゃんの絵は本当に見るものの心を温かくする力を持っていた。

あるとき、直ちゃんはイエス様を書いていた。
「直ちゃん、このイエス様ごっつくない?」
私がそう言うと、直ちゃんは、
「そうかな、イエスさまはどんなひとでもだきしめてあったかくするんだよ。だからごっつくなくっちゃ。」
と言って笑った。そのときの笑顔は絵の中のイエス様と同じだった。
「描きあがったらそれ、私にくれる?」
私はどうしてもその絵が欲しくなった。
「いいよ、かいたらあげるね。」
直ちゃんは即答するとまた絵に集中した。
そしてもらったのがこの絵なのだ。落書き帳に描かれた鉛筆書きのこの絵を私はお小遣いで買った額に入れて自分の部屋に飾った。
私にとっては、どんな巨匠のイエス像より、直ちゃんのちょっとマッチョなイエス様の方が本当の姿だと思えた。
私は不思議そうに絵を見た弟に、
「この絵を描いた子は将来絶対に有名になるわよ。だから、先にファンになっとくの。」
なんて言って笑った。

でも、そんな日は来なかった。誰よりも神様に愛されていた直ちゃんはそれから2年後、突然トラックに撥ねられて天国に帰っていってしまったのだ。神様はこんな荒れた世の中に、愛する直ちゃんを長く置いておけなかったのかも知れない。

直ちゃんのイエス様は辛い時悲しい時、いつでも私を励ましてくれた。
嬉しい時には一緒に喜んでくれているようだった。

-私の小さいものの一人にしたのは、私にしたのである-
『靴屋のマルチン』…彼はイエス様だったのかも。でも、私は彼に悪いこともしなかった代わりに、良いこともしなかったな。

「本当にこの絵、いいよなぁ。見てると心が温かくなる。」
かけ終わった絵を見てしみじみ夫がそう言った。

今度の休みには夫を誘って、直ちゃんの好きだった花を持ってお墓参りに行こうと思う。


                         -完-

                        



※一旦はストーリーが切れるし…とか思ってポータルにしか載せなかったんだけど、カテゴリー別なら大丈夫だし、まいっか…ってことでここでもお披露目。
スポンサーサイト

theme : ショートショート
genre : 小説・文学

comment

これは実話なんですよね。
マッチョなイエス様か~。
でも、やっぱり良い人は早く召されますよね。
私は世にはばかるほうかな。

あ、あのぉ…

マカロンさん

申し上げにくいんですが、実話ではございません。私が高校生の頃、教会学校の子供文集を作成する時に表紙を書いた子のイエス様がマッチョで、
「イエス様って家業大工だし、絶対ホントはマッチョだったよね。」
っていう話でクラスが盛り上がったっていうのが、実話です。
そのイエス様は「かごめかごめ」の鬼になっていて、みんなが全部神様の許に帰るまで、自分の目を手でふさいで待っているのだという、これまた深イイ話を作者の子はしてたんです。そのまま使っちゃうと、その子の著作権に触れそうなので、私は私で創作しました。

ほんのりした、温かいお話ですねー。
確かに、愛されている人ほど、天に召されるのは早い気はします。

イエス様は、痩せ細った体で描かれることが多いですが、言われてみれば、大工さんだったので、本当はマッチョだったのかも…。
ミケランジェロの「最後の審判」のイエス様はムキムキですよね、そういえば。

『靴屋のマルチン』の解説です

ふじやまさんへ

今まで、クリスチャンのくせにそういう話を書いてなかったもんですから…
このお話、『靴屋のマルチン』というお話がベースに組み込まれているので、それを説明しないといけなかったのかも。

マルチンという靴屋にある朝、イエス様が『今日あなたのうちに行きます』という声が聞こえたんです。
マルチンはうきうきしながらイエス様を待ちますが、いろんな事情を持ったお客様は来ますが、イエス様は来ませんでした。
「イエス様は何で来られなかったのだろう」夕刻そうつぶやいたマルチンにイエス様は
『いいえ、私はちゃんと行きましたよ。』
と返事された。よくよく考えてみると今日のすべてのお客様がイエス様だったのだと気付く…そういうお話です。

高校生のクラスで、イエス様は絶対にマッチョだ!という事で意見が一致しましたし…
>ミケランジェロ…
ルネッサンス期の作品って肉体美を強調するものが多いですもんね。
Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。