スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

chiffon side 10

私は慌てて帰って来た秀一郎さんの運転する車で病院に向かった。
その時、私はふと、秀一郎さんがヤナのおじさんを知っているのか聞いてみたくなった。
「秀一郎さん、梁原健史さんって知ってる?」
「えっ、未来さんも梁原さんを知ってるの?」
やっぱりヤナのおじさんも実在していたの?!私は聞いておきながら、秀一郎さんの口から梁原さんという名前がすんなり出たことに驚いた。じゃぁ、何で何も話題に出ないのだろう。あちらの世界では、ヤナのおじさんと、お義父様は仕事も一緒で、3人が揃うと必ずお義父様の話になるのに…そう言えばあの写真、かなり古かったけど。
「え、ええ…まぁ…私って、お義父様とお義母様の後輩でしょう?私の同級生にお義父様たちの同級生の娘さんがいたのよ。
その子のお家に伺った時、『あんたって結城んとこの息子の嫁になるんだってね。そう言えばヤナってどうしてるかなぁ、全然連絡とれないんだけど…』って言ってらしたの。だから、梁原健史さんっていうお名前を聞いて、お義母様に聞こうかなって思ってたら、今日熱出しちゃって…眠ったら忘れてたから。」
私がお二人の後輩なのは事実だけど、後は口から出まかせ。でも、私がそう言うと、秀一郎さんは顔を曇らせた。
「彼…もう亡くなってるよ。24年前に山で遭難してる。」
えっ、ヤナのおじさん亡くなってるの?しかも24年前って言ったら、秀一郎さんが生まれた頃じゃない。
「じゃぁ、顔は知らないの?」
「知らないよ。でも、死んだのは24年前だけど、遺体が見つかったのはそれから20年も経った4年前でね、その時身元引き受けを父様がしたから、僕も同行したんだ。その時、『この方がいなかったらお前は生まれてないんだよ。お前の命の恩人だから、大切に扱って欲しい。』って言われて、お骨膝に乗せて運んだし、よく覚えてるよ。」
「そっかぁ、もう亡くなってるのね。じゃぁ、そう伝えとくわね。」

たぶん、秀一郎さんは、お義母様とヤナのおじさんとの子供。でも、山で遭難した後、お義母様は秀一郎さんの妊娠の事実を知ったのだ。そして、お義父様はそんなお義母様と結婚し、秀一郎さんを自分の実の子として育てた。
だから、私が指輪の事で『血は争えない』と言った時、すごく悲しい遠い目をされていたのね。

だけど後日、私はお義母様に、
「未来さんの同級生ってどなた?秀一郎から聞いてびっくりしちゃったわ。と言われて慌てた。ヤナのおじさんとあっちのママが同級生の話をしていたのを急いで必死に思い出す。確か…畔上ルリさんって人が、やっぱり同級生同士で結婚したって聞いたわ!
「あ、駒田…駒田ユリアです。」
「駒田?もしかしたら…お母様の名前なんて分からないわね。どんな方かしら。」
「その時、お父様もいらしたんで、お父様が『ルリ』って呼んでたような気がしますけど…たぶん。」
実際は彼らが同級生同士で結婚したこと、そして娘の名前を某有名なアニメのヒロインからとったんだって話で盛り上がっていたんだけなんだけど、おかげで見事につながった。はぁ、冷や汗かいた。
「ルリ?コマちゃんとルリも結婚したんだ。そう、ありがとう。」
お義母様が同級生の消息を知ってにっこり微笑まれたのを見て、私は胸が痛んだ。
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。