スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

marine side 12

お昼過ぎ、ぼーっとしている私のところへ、午前の部を終えた加奈子さんが来てくれた。
「未来ちゃん、調子悪いんだってね。」
「あ、今は何ともないです。」
「そう?」
加奈子さんは私の返事に、疑わしそうに返事をしてから、
「でも、夕方には私と一緒にお医者さんに行こうね。」
と強い調子で私に言った。
「えっ、でもいたくらは?」
「ランチタイム以外は大体修司だけで大丈夫だし、今日はマナに手伝うように言ってあるわ。定期試験が終わったばっかだから…」
「でも、マナちゃんは受験…」
「1日くらいは、息抜きでちょうどいいのよ。それに、マナは愛想人間だから、結構お客様のウケも良いしね。それより私は、未来ちゃんの身体が心配。」
「あ、ありがとうございます…」
ただ店にふらりと現れただけの私にここまで優しくしてくれる加奈子さん。そんな加奈子さんを文句も言わずに送り出してくれた修司さんや瞳ちゃんの優しさに、私はまた涙が出た。
「そうなのよ、そういうとこが余計そうだと思うから…」
でも、その後加奈子さんはぼそっとそう、私に解らないことをつぶやいた。

「そうそう、それとコレ。」
それから加奈子さんはおにぎりを取り出して、
「どうせ朝から何も食べてないんじゃないかと思って。」
と笑った。何でもお見通し何だなぁ…私はそう思いながら肯いて、そのおにぎりを半分に割った。中身は梅干しだった。たぶん、私の胃の調子を考えてそうしてくれたんだろうけど、実は私は梅干しが苦手。でも、そんなこと言っちゃ失礼だから、私は黙って口に入れた。
「美味しい…」
でも、予想に反してそれはすごく美味しく感じた。酸っぱさが却って心地よく感じた。
「良かったやっと笑ったわね。」
そういうと、加奈子さんはマグボトルから味噌汁を取り出し、紙コップに入れて私の前に置いた。

そして、夕方私は加奈子さんに連れられて、近くの病院に向かった。
しかし、連れられたクリニックを前にして私は固まったまま立ち尽くした。
そこは…
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

初めまして

初めましてこんにちは。ルーと申します。
ふじやまさんのキャラランキングを拝見してこちらに遊びに来ちゃいました。
ご…ごめんなさい…なんかケッコウ言い過ぎてたんですけど。何様だっ!って感じですよね。
たすくさんのキャラランキング楽しませて貰いました!! バッチリ、たすくさんの好みが分かりましたよ(笑)

たすくさんも小説書かれていらっしゃるので、ちょっとずつ読ませて貰います!
執筆頑張って下さい。

ルーさんへ

こちらでは初めまして…

脇までしっかりみてるルーさんもすごいし、脇なのに気になるキャラを書けるふじやまさんってすごいと思います。

好み…単純なんでわかりやすいでしょ。なんか龍太郎とロディーって空気が似てるんですよ。初めて遊びに言った時、丁度「パラレル」を書くかどうか悩んでいた頃で、ロディーのキャラに後押ししてもらったんですよね。
Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。