スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫除け-chiffon side 7

虫除け


私が秀一郎さんと付き合うと分かって、一番喜んだのは上河原のお祖父ちゃん。つまりママのパパ。お祖父ちゃんと、秀一郎さんのお祖父様って元々知り合いなんだって。ママが大人になったら、お祖父ちゃんは結城家に嫁に出したいと思っていたらしいんだけど、ママが20歳の時に秀一郎さんのお父様はお母様と電撃的に結婚したんでビックリしたと言っていた。
「でかしたぞ、未来。わしの長年の夢が叶ったわい。」
なんて言う。別に私はお祖父ちゃんのために秀一郎さんを選んだ訳じゃないし…
「大体、龍太郎君が夏海さんをもらってなきゃ、あんな9つも離れた奴に、志穂をやったりせんかったわい。」
と、挙句の果てに愚痴りだす始末。おじいちゃんはパパとママとの結婚には大反対。ママにお兄さんの憲一(のりかず)おじさんがいなくてママが会社を継ぐとかいう状態(婿養子をとるとかね)だったとしたら、強引に別れさせられていたかも。で、お祖父ちゃんは今もどっか認めてなくて、何かと言うとそういう愚痴になる。でも、私たち孫はかわいいらしい。その私たちはパパがいなきゃ生まれてないんだけど?というツッコミは、さすがにお祖父ちゃんに面と向かって出来ないんだけどね。

何とかうちの両親に承諾をもらった後、秀一郎さんは私に指輪を買ってくれた。でも、高校生が行くようなアクセサリーショップの石のついてない安物のシルバーリング。
それをつけてお家に伺ったら、彼のお母様がそれを目ざとく見つけて大笑い。
「全く…何でこんなとこまで似るかなぁ」
「へっ?」
私は誰に何が似てるのか分からなかった。
「あのね、私も龍太郎に結婚指輪の前にもらったのって、そういう縁日で売ってるような奴だったの。」
「そうなんですか。」
私は、どうリアクションしていいのか分かんないので、とりあえずそう相槌を打っておいた。
「未来さん、それ左手の薬指にずっとしておいてやってね。本物のエンゲージリングをあの子が渡すまでね。
それ、たぶん秀一郎なりの本気の証明だから。『学校でもしておいて、安物なら傷になっても気にならないでしょ。』とか言われなかった?」
なんで、そんなことまで分かるんだろう。流石に母親だわ。
「あの子、それ絶対虫除けのつもりなのよ。だからって玩具にしなきゃならないって法はないのにね。そんなとこが親子でそっくり。」
「血は争えないんですね。」
私は彼女の言葉にくすっと笑ってそう返した。
「そうよ…そうなのよね…」
でも、その時の彼女の顔は寂しげで眼は遠かった。でも、その時には私はその本当の意味を知る由もなかったんだけれども。
あの指輪が仰々しいものでなかったのは、“虫除け”としてずっと填めておくのもそうだけど、私が秀一郎さんのことを話すとき、YUUKIに直接つながらないようにするためでもあったのかもしれない。
あの指輪を填めている事で、虫除けになる前に私は、大学の女の子達から彼氏の事を聞かれた。だけど、馴れ初めは家庭教師の先生と生徒だし、チープなステディリングともなれば、誰にも玉の輿などと騒がれる事もなかった。

そして、秀一郎さんは翌年、無事卒業。YUUKIに入社した。

それから約一年、今度は私の4回生を目前にした時期に、正式な婚約をするべく両家が集まった。
その時…パパが彼のお母様をママが彼のお父様をみて固まってしまった。何だか、一瞬魔法で時が止まったように。そして、金縛りから解けるが如く、四人は一斉にしゃべりだした。
「何か初めてお会いした気がしませんね。」
と、親たちは口々に言い、あれよあれよという間に親同士が盛り上がってしまったのだ。

和やかな空気の中、私たちの結婚が決まった。
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。