スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢-chiffon side1




ああ、何か変な夢見ちゃった…私が25歳になって家出してる夢。その家も東京じゃなくて千葉だったし。

私の名前は飯塚未来、高校二年生で17歳になったばかり。でも、今朝の夢って何かすごくリアルだった。そう思いながら、私は部屋を出て階段を降りると、
「おはよう。」
ってママに声をかけた。
「おはよう、未来。今日はどこにも寄らずに戻ってきてね。」
ママは、挨拶の後そう言った。
「何で?」
「今日から弥生さんの従兄弟の克也君が勉強見てくれることになったから。」
げっ、勉強?!弥生さんって言うのは、ママのお友達のお医者さん、大学病院の勤務医。克也さんというのは、その従兄弟で医大生。フルネームは広波克也と言うらしい。
「え~っ、勉強なんてやだよぉ。」
「未来、この前のテストで成績ずいぶん下げたでしょ?これでどこか大学いけるの?その話を弥生さんにしたら、克也君を行かせるって言ってくれたのよ。」
確かにこの前のテストの結果は散々だった事は認めるけど、勉強なんて見てくれなくて良いよ、弥生さん。いや克也さんか…どっちでもいいけど。

「おはよう、志穂。」
そこにパパが起きてきて、ママと朝のキス…はぁ、この2人は結婚18年目にして娘の眼も気にしないでそういう事が平気で出来る、超の付くほどのラブラブバカップル。
パパの会社にママが入社したとたん、パパは一目ぼれ、猛アタックの末結婚。ママは因みにその会社の社長の娘だったもんだから、金目当てだとかもいろいろ言われたらしいけどね。パパがそういうややこしい事の出来る性格かどうか見れば判るじゃないの。
ま、それは置いておくとしても、以来パパは「俺の趣味は志穂だ」と豪語するくらいの愛妻家。この2人を見続けると胸焼けするから、早いうちに避難しよっと。
私は、髪をセットするために、急いで洗面所に避難した。

私はどこかに逃亡したいという気持ちを何とか抑えて、その日はいつもよりちょっぴり早く帰宅した。
でも、克也さんはもう他の生徒さんを受け持っていて時間が合わないとのこと。内心「ラッキー」と思ったら、すかさずママは続けた。
「それでね、克也君のお友達を行かせるからって今克也君から連絡があったの。」
えっ、ピンチヒッター用意したって?!いいのに、頼まなくて…そしたら勉強なんてしなくて良いのに。
私はぬか喜びだった事に心の中で舌打ちした。
だけど…
「お邪魔致します、広波君の紹介で参りました。」
ウチに現れたその人を見て…私は一目で恋に堕ちてしまったのだ。初めて会った気がしない。運命感じちゃった…かも(あはっ、大げさ)。
「はじめまして、結城秀一郎と申します。あなたが未来さんですか?」
その人…結城秀一郎さんは、照れながら玄関先でそう、私に挨拶した。
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。