スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終章

-終章-


「まだ、こんなものを持っていたのね。」
海は僕が手の上で転がしている、指輪を見て笑った。
「これは僕が自分に正直になれなかった事の反省と、それからの戒めの為に持ってるんだ。」
「あなたは悔やんでるかもしれないけど、私は感謝しているわ。きっと…彼もね。だから、私が先に死んだらそれお棺に入れてね。」
僕の言葉に、海はそう言った。
「僕より君のほうが先に逝くなんてあり得ないよ。」
僕は笑ってそう返したのに…

秀一郎は、僕たちが結婚したのと同じ25歳で家庭教師で知り合った未来さんという女性と結婚し、双子を設けた。

そして、海は一刻も早く健史の許に行きたいと思ったのかもしれない。ほのかの花嫁姿を待っていたかのように、ほのかの結婚後すぐ、彼女は56歳という若さでガンで他界した。
僕は、彼女の希望通り、あの指輪を彼女の棺に入れた。
結局、若い頃大病をした僕だけが皮肉にも残されたと思いながら…

それから-僕は出来るだけ向こうで彼らが2人きりでいられるように、秀一郎の子供も孫も見て83歳まで命を永らえてから、彼らの許に旅立った。

                                     -Fin-
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。