スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自暴自棄

自暴自棄


そしてあの日…僕は病院での検査に結果に絶望していた。あの病気の薬の後遺症で、僕の僕の生殖能力はほとんど機能していない、そう聞かされたのだ。
「自然に妊娠させる事はまずないと言って良いでしょう。」
医者は、きわめて事務的に僕にそう告げた。

僕は衝動的に行きずりの女性に声をかけて、自分のマンションに引きずり込んだ。どうせ遊んだって面倒は起こらない。僕は完全に自分を見失って、自暴自棄になっていた。

そして…いつもは平日には決して来ないはずの海が、その日に限ってマンションを訪れた。
「同じ家に暮らせないって、こういう事だったの?!」
いつプロポーズできるかわからないからと、期待を持たせないでおこうとしてついた嘘が裏目に出た。
それでも、その時なら…大声でそれを否定していれば、本当のことをちゃんと話していれば、まだ間に合った。実際心の中では、
「違う、そうじゃない、僕には君しかいないよ!!」
と叫んでいたのに。僕の口からはその言葉はでなかった。

僕にかかわらないほうが海は幸せになれる-僕はあの時、瞬時にそう思ってしまったからだ。

普通の状態であれば、僕の子供はもうありえない。これは、僕達2人だけの間なら、なんら問題にすらならないことだった。
けれど…結城家というカテゴリーで考えたとき、その事実は致命傷になる。
海は跡取りを産めない女という事で、さんざん非難を浴びせかけられた上で放り出される。たとえそれが僕に原因があったとしても。
母様が僕さえいなければ結城家から離れて自由の身になれたのとは逆に、海は子供が出来ない事で家を追われる。
人工的なことを施すという手もないことはないが、もし明るみに出るような事になれば、海は今度は財産目当ての性悪女のレッテルを貼られかねない。

なんにしてもたぶん、僕と一緒では海は幸せにはなれない。僕はそう思ってしまった。

「僕が海だけで満足できるとでも思ってたの?」
僕はとっさにそんな毒を吐いて、その毒で自分自身すら麻痺させようとした。心から悪い男になれれば良いと思った。
そして、そんなそんな僕を見て、海は絶望したのか、指輪を僕に投げつけて、部屋を飛び出した。

そうだ、これで良かったんだ…こんな情けない男になんか関わらない方が良いんだよ、海…
その後、見ず知らずの行きずりの女性すらも、
「ばっかみたい…」
という一言を残して去って行った。
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。