スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手-アルビノーニのアダージョ

手-アルビノーニのアダージョ


僕はその放課後、音楽室で1人ピアノを弾いていた。

元々ピアノを弾くのは好きだった。でも、浮腫みが酷かった頃は指の動きも悪く、あまり上手に弾けないと感じていた。
浮腫みも取れやっとスムーズに動くようになったと思いながら弾いていると、音楽室の窓がガラッと開いて、
「あ、何だ結城君かぁ…アルビノーニのアダージョなんて曲が曲だから、幽霊だったらどうしようって思ったわよ。」
と、ひょこっとその窓から顔を出したのが、海-倉本夏海という名のクラスメートだった。
「でも、ピアノ上手いね。」
海はそう言ってふわふわの笑顔で笑った。
「倉本…さんもピアノ弾くの?」
「うん、でもちょっとだけ…一応受験にも必要だし。」
「へぇ、音大に行くの?」
受験でピアノが必要だと聞いて、僕は当然音大に行くのだと思ってそう言った。
「まっさかぁ~、幼教だよ、保母さん。音大なんて考えたこともないよ。びっくりしちゃう。」
「ヨウキョウ?あ、幼児教育のこと?何だそうか…アルビノーニのアダージョなんて曲名を即答するから、僕はプロでも目指してるんだと思ってさ。」
僕がそう言うと、海はこう返した。
「この曲って有名じゃん。」
「曲自体は有名だけど、曲名まで即答できる人はそうはいないと思うけど。」
大体、クラシックなんて大抵そうだ。題名を言っても分からないけど、聞くとああ…て感じになるものがほとんどだ。
「そうなの?私、普通に知ってたけどな。この曲大好きなの。」
「へぇ、僕もこの曲大好きで、だからピアノ用にアレンジしたんだ。」
それを聞いて、海は驚いていた。
「自分でアレンジしちゃったの?ますます結城君って凄いね。じゃぁ、もっかい聞かせてくれない?」
「良いよ、じゃぁ、中に入って聞く?」
窓越しに覗いていた海は、音楽室に入ってくると、僕のすぐ横で僕の手元を見ながらアルビノーニのアダージョを聞いた。そして聞き終わった後ポツリと、
「良いなぁ…」
と言った。
「何?」
僕は何が良いのか分からなくて聞いた。
「小柄なのに結城君の手、大きいなぁと思ったから。」
「うん、手は身体に比例すると大きい方かもね。」
僕は、鍵盤の上で自分の手を開いてみせた。そして、右手の親指でドを、小指でそれより1オクターブ上のミを叩いた。
「うわっ、ミまで届いちゃうの?!」
そう言うと、海はいきなり僕の手に自分手を重ねた。そして、
「私なんてオクターブがやっとなんだよ。しかも、曲の終わりには手が攣ってきちゃう。」
と悔しそうに言った。僕のほうは不意に重ねられた手にドキドキしていたんだけれど、海のほうは僕なんて全くノーマークって態度だったから、皮肉たっぷりで
「そりゃ僕、男だしね。」
と返してやった。それでも海はまだ、
「何か納得いかないなぁ…」
とぶつぶつと言い続けていたけれど。変わった子だな…それが海の第一印象だった。
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。