スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年後の夏-ハムケ11

1年後の夏


そんな風に降って湧いたような結婚式にうるうるした私だったけど、翌日からは当たり前に仕事する日々。家に帰ってからも、6年も一緒に住んでいるんだから、今更新婚気分が味わえる訳もなく…でもそれが幸せなのだと思った。

仕事や飲み会なんかでとんでもなく大和くんが遅くなっても、もう戻って来ないんじゃないだろうかと不安に駈られないことが。
大和くんがにやけた顔で他の女の人を見る時に、内心めちゃくちゃムカついているのに、それをスルーしないで、
「どこ見てんの?」
って睨んでしまえることが。そして、慌てふためく大和くんに余裕の笑みをかますことができることが。
たった1枚の紙切れのこと…なのにね。安心していられる。

別段変わったこともなく、結婚から一年余りが過ぎた。
その年はすごく暑い夏で、おまけにとんでもなく仕事が忙しかった。あまりの暑さと忙しさで、あの肉食恐竜の大和くんが、わりとあっさりとしたものしか受け付けなくなったほど。

「あっつ~、溶けそう。」
「ほんと暑いね、でも、樹里ちゃんが暑がるのって珍しいわね。」
私がそう言うと、野村さんがそう返した。
私は普段、そんなに暑がらないほうだ。真夏でもクーラーが効いている事務所でパソコンを操ってばかりの時は、大体長袖着てるくらいだし。
「なんか妙に汗かいてない?大丈夫?」
「ええ…」
ホントのこと言うと最近疲れやすいし、胃の調子も悪い。
でも、結婚してから私はあまり薬を飲まなくなった。大和くんが結婚前に一旦別れようとした理由がある薬の後遺症だと効いてから、私はどんな薬も気楽に飲めなくなったのだ。
たぶん、風邪薬や胃薬なんて飲んだって何もないにきまっているんだけど…ブレーキがかかってしまう。

そして、お昼休み。いつもならお弁当を作って持参するんだけど、今日はそれもかったるくって、たまにだから冷たいお蕎麦でも食べようと外食することにしたのだ。
弁当なんかはなから持ってくる気のない若い女の子たちと一緒に、私は会社を出て炎天下の街に出た。
「うわっ。」
むせ返る熱気に思わず声まで出た。あまりの暑さに、本当に溶けてしまいそうだ。
心なしか地面も歪んで見える。
…ってか、ホントに歪んでるよ、地面。
「山口さん(仕事では未だに旧姓で通している)どうかしました?」
「えっ、暑すぎて地面が…」
私は見たままを言ったつもりだった。
「地面がどう?」
でも、他の子にはそうは見えなかったらしい。1人の子が首を傾げてそう返した。
次の瞬間、私は目の前が真っ暗になっていた。そして、私はそのままその歪んだ地面とオトモダチになっていたのだ。
「きゃぁ!山口さん、しっかりして!チナ、119番!!」
その子が私を抱きかかえて、千夏ちゃんに救急車の手配を叫んでいる声が遠くのほうで聞こえた。その子は私を抱きかかえて叫んでいるのに。

そして私はそのまま救急車で病院に運ばれて…次に気がついた時には、ベッドの上にいた。
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

NoTitle

たった紙切れ一枚なのに、そういう安心感があるんですね。

樹里ちゃんにはね、そうなんです

マカロンさんへ
この2人は長い同棲期間を経ての結婚、しかもベタ甘って感じじゃなく、ずるずる系。しかも樹里ちゃんが年上。
樹里ちゃんにはいつ大和くんがアパートを出るかもっていう不安感が付きまとっていたようです。

だからこその実感なんですよ。

この先はあとがきで…
Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。