スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛙の子は蛙

今回、書くまでも長かったですけど、作品も長かったですね…本編と特別編合わせて93話を数えました。短かった「遠い旋律」の3倍!よくもまぁここまで書いたもんだと自分でも呆れています。

あまりにもいろんな裏があって、どこから裏話していいかも分からなくなってます(笑)

今回書き上げてみて思うことは「蛙の子は蛙」でしょうか。
夏海が反発している母と同じように見合いで結婚して、最終的に最愛の人を失うこと。龍太郎が母を想うがあまりに父に祖母に憎しみを感じ、破滅の道に進み、そして最終的に現実から目を背ける結果を選ぶこと…親子の血みたいなものを感じました。

夏海の母-子供の人生を支配する母親-は今回どうしても入れたかったんです。子供の幸せを思うがあまりに子供の人生に過干渉する親って結構多いですよね。結果的に、間に康文を挟むことによって、雅彦に最初から直接龍太郎の影を匂わせない効果も得ることができましたし。でも、それでまた長くなってしまいましたけどね(苦笑)


スポンサーサイト

theme : 物書きのひとりごと
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。