スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

占いなんてそんなもの

「初恋の人からの手紙」のサイトからまた面白い手紙が届きます。「1年目の手紙」です。
付き合って1年目のアニバーサリーに恋人が書いているという設定なのですが、相変わらず笑えます。

アドナイ・エレの方でも少し触れたんですが、恋愛といえばこっちかなと思って、こっちに全文載せちゃいます。
以下、手紙の本文です。



今日で付き合って1年。あっと言う間だったね。
ということで、今日くらいは真面目に手紙でも書こうと思った次第です。おれにしては珍しい試みだけど。

とはいえ何から書いたらいいんだろう。
この前テレビに出ていたアームレスリングの女子チャンピョン、たすくより腕が細かったよね。
わざわざ記念日に書くようなことじゃないか(笑)この話はやめよう。

最近わりと不穏な空気になるよね、うちら。この前も、おれがたすくと会う約束をキャンセルして、他の飲み会に行ったことでものすごく怒ってたね。「好きじゃないならさっさとふって」とまで言われたし…。
なんていうか、たすくって思い詰めすぎだよ。不安なのかも知れないけど、むしろ不安になってるたすくからおれは逃げたくなるんだよなぁ。

ここのところ、二人がうまくいってるとは決して言えないと思うんだよね。あんなに笑顔だったたすくが、今はふてくされた顔しかしてないことからも、明らかだと思う。でもそれはおれのせいでもあると思う。
最近よく思うんだ。おれがいるからたすくは苦しむのか、って。おれと付き合うまえより、たすくが幸せになっているのかって、って。おれはおれなりにたすくのためにがんばってるつもりなんだけどな…

あー、おれってほんとに悪い方向にばっかり話を進めるなぁ。
記念日だしもっと前向きなことを書くようにするよ。話を変えよう。

さんざん文句を書いた後にこう言うのもなんだけど、おれはそれでも、一年間幸せだったと感謝しているんだよ。
つきあったばかりのころ、たすくの明るさは、少し人生にふてくされ気味だったおれにとって生きるためのエネルギーそのものだった。おれがごちゃごちゃ関係を崩すようなことを言っても、たすくの理解があるからここまで壊れずに来られたんだと思う。

たすくが言っていた「私は一途だし」ずっとこのまま気持ちは変わらないと思う」っていうセリフをおれは今も信じているから、おれはこれからも期待に応えたいし、たすくを幸せにしていきたいと思っている。まだまだ二人はこれからだと思っているよ。

これからもすれ違いはあると思うけど、この一年間のように、理解を深めて乗り越えていこう。あ、あと生卵を飲み込めるのはまじですごいと思う…ジョッキで…。

では、これからも末永くよろしく。たすくがいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.たすくって祭りを見かけるとウズウズするよね…。




そりゃ、デブですから…アームレスリングの女子チャンプより腕は太いですよ、たぶん。
「好きじゃないならさっさとふって」は言ったかも…でも、決して別れたくはないんだよね。むしろその逆、もっと構って欲しいのよ。

概ね当たってると思えるのは、たぶん私の性格ではこういう男を選んじゃうってことなのだろう。タイピングソフト宛らに全文打っててそう感じた診断結果でした。
スポンサーサイト

theme : つぶやき
genre : 小説・文学

comment

こっちで記事になってたんですね。あっちに書いちゃいました。
私は「一年目の手紙」の方は該当する部分が少なかったような感じでしたが、分析結果のほうが少し痛かったかな?(笑)
たすくさんに来た手紙は、なんだか私が持っているたすくさんのイメージにぴったりのような感じがします。

そうそう。私は、「いつも半ドアだよね」と言われました。そんなことないけどな~(爆)

芸の肥やしにさせていただきます。

そうそう、体も性格も重いんですよ、私。自覚してます。

恋愛キーワードがまたイタイ…

柔軟・ひねくれ・男性への遠さ・思いやり・年下好き・追う側・未練・ネガティブ・お笑い担当だってさ。
まさにたすく節の原点かもね~これって。

静電気体質で、あまりによく飛ぶので怖々のたすくはよく半ドアにしますが…そうじゃなきゃフツーは半ドアなんかにならないよね。
Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。