スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加筆あとがき「青空」「いと」編

FC2小説からの反映作業、やっと「切り取られた青空」と「切り取られた青空-いと-」とが終了しました。

「青空」あまり変わっていないかも。会話の多い後半部分は手をいれましたが、どこが変わった?って思われそうなくらいかも。

「いと」は最初サブタイトルを全くつけないで書いていましたが、FC2小説で章立てをしないと途中から読みにくいことから、サブタイトルを設けました。その際に、ネタばらししたくないので、途中でわざと止めたりしてた部分とか、もっと情けないのは時間がなくて分けたくくりを分解しなおして章立てにしました。

それと、ダイエットにはかなりのタイムラグが必要なのを失念して、岐阜へ戻ってからの年数を1年半勘違いしてたのを修正しました。26歳で岐阜に帰ってるんだし、14年が正解。数字は好きなんだけど、計算できない奴だわ、つくづく…

加筆で特に意識したのは、香織の涙の部分。おとなしいけど芯のしっかりした女性という設定の香織ですが、前の原稿ではともすれば自信満々に映るかなと思って、今回かなり泣かせてしまいました。
入籍部分も新たに追加しました。

スポンサーサイト

theme : 物書きのひとりごと
genre : 小説・文学

comment

NoTitle

こんにちは。
かなりスローペースながら、二つの「切り取られた青空」を完読しました!
視点が違うだけで、こうも違うストーリーになっちゃうんですね。
どちらもテンポよく話がすすんでいたので、読みやすかったです。

私は独身者なせいか(?)、「いと」編の方により共感を覚えましたが、どちらのお話も、加奈子と亮平のそれぞれの葛藤や心のひだみたいなものが見えて、とてもリアルでした。
香織みたいな人も、あの行動力はさておき、現実にいそう…。
彼女なりの「復讐」は、実際は復讐にはならないのになぁーと思ったけれど(あとがきにあるように、加奈子の捉え方も違いましたね)、そんな考え方をする人は現実にもたくさんいるし、フツーの女の子の中に潜む残酷さ・イジワルさを感じてしまいました(笑)。

ネットから始まる恋愛設定もそうですが、すごく身近で、お話自体がとてもリアルでした。
加奈子、亮平の両サイドからの話を知ることができて、よかったです!

今後の執筆も頑張ってくださいね!

この話は死にキャラはダイエットだな。

RUMYさんへ

いやいや、遅くないですよ。リアルで今読んでもらってる子もいますし。読んでいただいて光栄です。

そうなんです。加奈子サイドを書いていて、私は亮平の立場も気持ちもその後も解かるので、亮平浮かばれないじゃんこれじゃぁ!と思って書いたのが「いと」なんです。

香織の「復讐」たぶん、今は私のモノよ!ってマーキングなんじゃないかと…逃した魚は大きいでしょバァ~カ!って言ってるだけだと思います。

普通の恋愛だと、この行動力には繋がらなかったと思うんです。ネットという不確かさ、しかもリアル連絡先を知ってしまった。もう2度と会えないなんて耐えられない。で、「そうだ、岐阜に行こう!」となる。(おいおい、やっぱりならねぇって…)

それに香織の職業の不動産屋勤務も意外とキーポイントで、平日に休みが取れる上に、住所と地図があれば知らない土地でもすんなりと目的地にたどり着ける能力があるってことなんです。
実は私が結婚前不動産屋勤務でした。

ただ、ダイエットを書くつもりが、ダイエットが死んでます。
Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。