スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時の足音-満月に焦がれて、番外編-

「弘毅、久しぶり…」
弘毅は約3ヵ月ぶりくらいで圭子からの電話を受けた。
「今から、会えない?大事な話があるの。」
「今からって…」
弘毅は時計を見た。時刻はもう夜の11時を回っている。こんな時間に、しかもあいつは自分からメアドまで変えて俺との連絡を絶っていたのに…一体何の話だ。
「お店とかでは話せないから、私の部屋に来て…」
圭子の部屋にだって?!それに、店とかでは話せない話って、まさか…アレ。弘毅の心臓はいきなり激しく動悸を打ち始めた。
「お前の部屋になんか行っていいのか。」
弘毅はそれを隠すようにわざとぶっきらぼうにそう答えた。
「うん、来て欲しいの。ちょっと…」
ちょっと…何なんだろう。今まで、『レディーの部屋は覗かせません』とか言って、俺の部屋には来るくせに自分の部屋に呼んだことなんてなかったのに。ということは、やっぱそういうことなのか…
「わかった、すぐ行く。」
弘毅は胸騒ぎを抑えながら急いで身支度を整えると、圭子の部屋に向かった。

「上がって…」
そう言って玄関のドアを開けた圭子の目は涙で腫れて、声は少し掠れていた。
(ちょっと…出れる顔じゃねぇってことか)
「おじゃまします。」
そんな圭子の顔を見て、弘毅は思わず殊勝な挨拶をしていた。

「座って。」
それから入ってきたものの、きょろきょろと落ち着かない様子で立ったままの弘毅に圭子が座るように促した。圭子は弘毅が床に腰を落ち着けたのを確認していきなり切り出した。
「私、今日病院に行って来た。できてたわ。3ヶ月の終わりだって言われた。」
…やっぱ、そのことだったか…

およそ3ヶ月前、弘毅はそれまで高校時代から腐れ縁の友人としてつかず離れずで、しかし男女の関係ではなかった圭子と、彼の元カノの結婚式の夜、彼が強引に押し倒して関係を持った。圭子はそれ以来メアドを変え、彼の着信を拒否して完全に彼との連絡を絶った。
彼は直接押しかけようかと考えたこともあったが、そこで、直接自分が完全否定されるかもしれないという恐怖を拭うことができず、それをできずにいたのだ。

「ねぇ、弘毅、それでなんだけど…私、産んでも良いかな。迷惑とかじゃない?」
続いて、圭子は実に恥ずかしそうに、だが嬉しそうに弘毅にそう言った。彼にはそれが驚きだった。圭子はあれ以来、一切の連絡を絶っていた。だから、妊娠という事実に当惑して改めて怒りをぶつけてくるのだと思っていたから、どうすればそれを回避できるだろうと、ここに来る道中頭の中でシュミレーションしていただけに、いささか拍子抜けといった感は否めない。
「今までシカトかましてたくせに。俺の子供なんて要らねぇんじゃねぇのか。」
-産みたい-の言葉に一瞬顔が緩みそうになるのをムリに抑えて弘毅はそう言った。
「ううん、絶対産みたい。大好きなあなたの子供だから。」
そして、次の一言も彼の予想に反していた。だから、彼は思わず聞き返してしまった。
「今、何つった?!」
「もう、何回も言わせないでよ、恥ずかしいんだから…」
圭子はいつになくしおらしく赤くなりながらそう答えた。
「俺の…一方通行じゃなかったんだな。じゃぁ何でシカトなんかしてたんだよ!」
今までとはまったく違ってしまっている今日の圭子の態度に弘毅はだんだんとイライラし始め、弘毅はつい語気を荒げてしまった。
「怖かったの…」
すると圭子は俯いてポツリとつぶやいた。
「だって、ずっと好きだった人が、自分のものにはならないと思ってた人が、『お前だけが好きだった。』って囁くなんて思ってなかったんだもん。これは夢だって思った。覚めたら、現実は違ってるんだって。…じゃなきゃ、私になんてすぐに飽きる…」
「圭子!お前なに考えてんだ!!」
夢って何だよ。俺が飽きるって…俺って、お前にはそんなお軽いイメージしかないのか?飽きるどころか、あの夜俺はやっぱりお前じゃなきゃダメだと、再確認した位なのに…弘毅は圭子に怒鳴った後、そう思って唇を噛み締めた。
「ホントは一人で産むつもりだった。」
「バカな!俺に知らせもせずに俺のガキ産んで、それでお前は満足なんかよ!それより俺にはそいつの父親になる権利もねぇのか?!」
「へっ?」
弘毅の言葉に圭子はビックリしたように顔を上げた。
「へっ?じゃねぇよ。あんなやり方したのは謝る。」
そう言って弘毅は正座すると、手をついて、
「俺の子どもなんだから俺にも育てさせろ!一人で産むなんて言うなよ、な?」
と頭を下げて頼んだ。それを見た圭子の目からみるみる内に涙があふれた。
「ホントに?産んでもいいのね…」
「当たり前だ。でなきゃ、そのままで最後までやるかよ。」
「まったく…言うに事欠いてそれ?実は狙ってたって言うんじゃないでしょうね。」
「狙ってないっちゃウソになるな。でも、もうちょっと楽しませて欲しかったけどよ。俺のことを信じてくんないお前が悪いんだぞ。」
「何よ、それ。」
「そしたら、あと何回かは判る前に…」
そう言う弘毅の背中を圭子は思いっきりぶった。
「バカ!あんたってホントにバカとしか言い様がないわ。」
「バカな俺に惚れたお前って、もっとバカなんじゃねぇ?」
弘毅はそう反論すると、圭子を自分のところへ引き寄せた。
「ちょっと、お腹気をつけてよ。」
「わかってるって。これで今日は我慢するから。」
そう言いながら弘毅は圭子に口づけた。

やっと…やっとだ。何年待ったんだ?こいつへの想いをはっきり自覚したのは18の時だったから、10年か…俺はこいつにだけは正直になれなかった。一番欲しかったのはこいつだけなのに。
そう思った弘毅の胸にいつしか熱いものがこみ上げていた。
「え?もしかして弘毅…泣いてない?」
そして、圭子にそれを気付かれた。
「泣いてなんかねぇよ、絶対!」
「泣いてる、泣いてた。絶対!」
慌てて否定する弘毅に、圭子が笑ってツッコミを入れる。
「泣いてねぇったら、泣いてねぇんだ!!」
弘毅は圭子から身体を離して背を向けた。
「ゴメンね、今まで素直になれなくて…」
圭子はそんな弘毅の背中に頭をくっつけてそう言った。
「今日のお前って、ホント変だな。」
「今までとは違うかもね。私の中にあなたとの命があるから。この子が仲良くしてって言ってるような気がする。」

昨日とは違う今日。弘毅は女の強さを見た気がした。









スポンサーサイト

theme : 自作小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。