スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画-満月(フルムーン)に焦がれて15

計画

結局洋介が折れる形で小百合は医師に内緒で薬の服用を止めた。

薬を止めた途端急激に元の状態に戻るものではないだろうが、薬の余韻がなくなる頃には元にもどるのではないか…そうなれば何があってもこの計画は聞き入れるわけにはいかない。洋介はそれだけは譲れないと念押しした。

祈るような気持ちで定期健診に臨む。小百合は最初こそ少しデータを悪くしたものの、奇跡的に小康状態を保っていた。

そんな中、圭子が男の子を産んだ。サッカー好きの弘毅はその子を周人と名づけた。
「かわいい~!おケイちゃん、私ももうすぐ追っつくからね。」
祝いに駆けつけた小百合は、破顔で周人をあやしながらそう言った。彼らの秘密の計画を知らない弘毅はその姿に胸が痛んだ。

そして、その3ヵ月後のことだった。
「ねぇ、弘毅。サユ入院したって。切迫流産だってよ。子供はなんとか無事だったって、洋介さんから電話があってさ。」
仕事から帰ってきた弘毅に圭子がそう言った。
「あのバカ!なにやってんだ。」
それを聞いて思わず弘毅はそう口走ってしまった。
「へっ、何?」
それを聞いた圭子は意味が解からず聞き返した。
「ああ、何でもねぇよ。ちょっと、行って来るわ。」
「今帰ってきたとこなのに…どこ行くの?」
「ちょっと…すぐ帰るから。」
弘毅は圭子から離れて洋介に電話をするため、外に出かけた。
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。