スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満月(フルムーン)に焦がれて11

「忙しいとこ呼び出して悪かったな。」
「いや、今回小百合ちゃんには世話になったから…落ち着いたらちゃんと挨拶にいくつもりだったんだけどさ、先にお礼言っといてくれないか。」
弘毅は洋介に呼び出された。そう言えば、こいつが小百合ちゃんにブロポーズした時も、俺もこいつを呼び出したよな。あれから2年半か…弘毅はあのときのことを思い出して少し懐かしい気分になった。
…でも、祝ってくれるにしちゃぁこいつやけに刺々しいな。目の奥が笑ってねぇし…
クソ真面目なあいつのことだから、あんなやり方自体気に食わないんだろうな。そう、弘毅は思った。
「ああ、お前が礼を言ってたと言っとくよ。桜木…」
そう言って洋介は大きく息を吸い込んだと思うと、
「それで…これが俺のお前への結婚祝いだ!」
と言って弘毅をいきなり拳で思い切り殴った。
「何するんだよ!お前!!」
全く予想外のことだったので、弘毅はあっさり殴られて床に転がった。
「それを言いたいのは俺の方だ!…お前なんで今になって…どうせならもう少し早く何で…」
(えっ、こいつ泣いてるのか…?!)反撃に出ようと体勢を整えて洋介をみた弘毅は驚いた。
「洋介?」
「何で、今なんだ。」
「ああ、俺たちの共通の友達の…っていうか俺の元カノの絵梨香が今度結婚することになってさ、絵梨香から電話がかかってきたんだよ。『弘毅君まだ圭ちゃんのこと待たせてるの』ってさ…」


「別に待たせてなんかいねぇよ。あいつは俺なんか好きじゃねぇよ。」
「ホントにそれ、圭ちゃんの口から聞いたの?」
「聞かなくたって…わかるさ。」
そうさ、あいつは俺が女の話をしようが顔色一つ変えないんだからな。弘毅がそう思っていると、絵梨香は少し笑いながらこう言った。
「弘毅君って、意外と女心解かんないのね。圭ちゃんって、弘毅君のことずっと好きだったわよ。あの子にお祝いのお礼の電話した時、ちょっと鎌かけてみたのよ。たぶん今でも圭ちゃんは弘毅君のこと待ってるわよ。で、お祝い返しに弘毅君にそのこと知らせてあげようと思って電話した訳。」
「ウソだ、そんなはずない!」
絵梨香の言葉に弘毅はあわてて否定した。
「あの頃だって、私が入る隙間なんてあなたたち2人の間にはなかったわ。私の方が彼女なのにって何度思ったか。だから、別れるときに圭ちゃんとこに行けって言ったげたのに…」
そうだ、あの時絵梨香はそういって俺を振ったんだ。絵梨香にそんなこと言われて振られたからって、ほいほいと圭子んとこなんかいけるかよって思ってたし、当時あいつには彼氏がいた。…弘毅はその当時のことを思い出して、少し苦い気持ちになった。

「ねぇ、私の結婚式の日、圭ちゃんを迎えに来ない?今から男の弘毅くんを招待者リストに加えるなんてムリだから、終る頃を見計らって迎えに来て一度ゆっくりと話し合ってみなさいよ。案外、友達の幸せを見たすぐ後なら、意地っ張りの圭ちゃんだってきっと本音が出ると思うな。」
「本音ねぇ…」
そんなもん本当にあるのだろうかと弘毅は思った。
「たぶん…高校時代の友達で残ってるのは後ナナだけだし、ナナはよっぽどじゃないと結婚しなさそうだから、これが最後のチャンスだと思うわよ。素直になりなさいよ、でなきゃあのとき私が泣く泣く引いた意味もなくなるじゃない。」


「絵梨香にそう言われて、俺は結婚式が終るのを待って圭子を俺の部屋に誘ったんだ。最初は真面目にコクるつもりだったんだぜ。でもさ、あいつってば、何かって言うと絵梨香、絵梨香って…俺、何かかぁーっと頭に血上っちゃってさ、『お前俺のこと嫌いか?!』ってつい怒鳴っちまって…で、嫌いじゃないって言われたらもう、止まんなくなっちゃってさ。…力づくでいっちまった。」
弘毅はそこまで話してため息をついた。
「その後、圭子はメアドは変えるし、着信まで拒否しやがるしで…やっぱり俺の一方通行だったんだって、嫌いじゃないって言ったけど、好きでもなかったんだって後悔した。けどさ…」
「けど?」
「3ヵ月もシカトしていきなり呼び出してきたと思ったら、態度変わってやんの。『子どもができたらから産んでもいいか、迷惑じゃない?』ってな。惚れた女が自分の子どもを産むんだぜ、迷惑なもんかよ。できたって聞いた時、産みたくないって言うのかと思って、説得しようかと思ってたくらいなのに、正直気味悪いくらい素直になってやんの。」
その時のことを思い出したのだろう、弘毅の顔は急激に緩んだ。
「でさ、急に変わるのって変だろ。だから、何でかって聞いたら、小百合ちゃんに自分の本当の気持ちを正直に出せって言われたらしいんだ。俺は絶対に喜ぶからって。小百合ちゃんがそう言ってくれなかったら、あいつずっと俺に言わなかったかもしんないからさ…ホントありがとう。」
弘毅はそういうと洋介に頭を下げた。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。