スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼方へ…

「妙に蒸し蒸しするよね」
その日は10月だというのになんだか汗の出る日だった。
「え?そうかな、そうでもないけど。」
夫はそれに対して笑ってそう答えた。普段は彼の方が暑がりで、クーラーの設定温度のケンカは日常茶飯事。まだ新婚の部類に入るのに、両手に余る。彼がいない間に設定温度を2℃上げるのが私のこの夏の日課?だった。

おかしいな…そう言えば体も重いし、気分も悪い。それに2~3日前から妙に胸が張る感じもする。何か病気?それとも…
私はそう考えてふっとほくそ笑んだ。

そういえばかなりきてなかった。もともとまともじゃなかったからあまり気に留めてはいなかったけれど、そういうのも考えに入れといた方がいいのかも…明日、病院に行ってみるかな。

そう思いながら寝る前にとトイレに立った。そしたら、出血していた。
(なんだ、違ってたのか…)
私はほっとしたようながっかりしたような気分でそこを出た。

そのとき…
「ママ、マー君を助けて…おねがい。」
小さな男の子の声がした。
「だ、誰?!」
私はあたりを見回してそう叫んだ。誰もいるはずはないのだ。私たちは結婚したばかり、私も彼も初婚で、ママと呼ばれるような子どもも連れてきてはいないから。
でも、もう一度声がした。
「今なら間に合うんだよ…早く!…お願いだから…マー君だけは助けて…」
よくよく考えてみると、その声は耳からではなく頭の中から聞こえてきていた。そう考えたら私は震えだし、止まらなくなった。
「あなた!助けて!!」
そうやって声に出して助けをもとめたものの、夫にこの事を上手く説明できる自信はなかった。ましてやこれから病院に行ったとしても医師に説明できるとは到底思えなかった。

それでも私はその小さな声を信じた。
私は、私の切羽詰った助けを求める声に、何事が起こったのかと慌てて寝室から駆けつけた夫の姿を見た途端ホッとしてその場に座り込みそうになった。彼はそれを寸でのところで私を抱えると、心配そうに
「どうした?何があった?変な奴でもいたのか?」
と言った。
「ううん、血が出てるの…赤ちゃんが危ないの…でも今なら間に合うって…」
私はひどく混乱していて、泣きながら思いつくまま今の危機を夫に伝えた。そんな取り留めのない説明に彼はうんうんと頷いて
「夜中にいきなり診てくれる産婦人科なんてわからないよ。」
と言いながら119番に電話した。

そうやって病院に駆け込んだ私。私はやはり妊娠していて、子供は非常に危ない状態だった。
「間一髪でした。朝まで我慢していたら助からなかったと思います。」
そう医師は言っていた。私は即座に絶対安静を言い渡され、2週間入院した。

しかし、退院してからはそんなことが嘘だったかのように、新しい命はすくすくと育っていった。
7ヶ月にはいったころだった。
「名前何にしようか。」
と、夫が行った。
「う~ん、護(まもる)真実(まこと)雅之(まさゆき)何がいい?」
「悪くはないけど、それって男名前ばっかりじゃない。お前、男の子が欲しいの?、俺はお前に似た女の子がいいのに…」
私が男の子の名前ばかり口にするので、夫は口を尖らせながらそう言った。
「だって、あの子が、マー君って言ってたんだもの。絶対に男の子なの。」
「あの子って誰さ?」
夫は私が自分のお腹を撫でながら返した言葉に首を傾げていた。
「本当なら生まれてくるはずだった、この子の双子の弟よ。」
でも、そう言うと夫は急に顔色を変え、思わず息を呑んだ。
「…お前、それ知ってたのか…」
それから夫はつぶやくようにそう言った。

あの時私が病室に運ばれた後、夫は残されて子供は双子で一人は既に流れていたと告げられたという。その時点では私がそれを知ると、助かった子どもまでまた危なくなるかも知れないと、医師は夫にだけ説明したという。
夫は私が言い出すまで、元気になっても私にそのことを言うべきか迷っていたらしい。

「あの子が知らせてくれなければ…『まだ間に合うよママ。』って言ってくれなければ…だから、この子は男の子。マー君じゃなきゃだめなのよ。」

そして私たちは生まれてきた子供に真実と名づけた。
私は誰にも言わずにあの子に彼方と名づけた。

私は時々鏡に映る真実の中に真実と一緒に成長する彼方を見る。
夫にはそれは悲しすぎると思うし、真実には重過ぎると思う。だから、私の中でだけ『もう一人の息子』彼方の成長を確認するのだ。
そして、その都度私は彼にありがとうと言う。

真実を助けてくれた-それだけじゃない、あなたも大切な私の息子。姿は見えなくても、私の宝物。私はあなたのママでもあるのだから。
あなたがいたことは、ママだけは絶対に忘れないからね。


スポンサーサイト

theme : 自作小説
genre : 小説・文学

comment

NoTitle

初めまして、UTAと言います。
ショート・ストーリー読みました。「彼方へ…」は私も双子のママさんなので、ちょっとしんみり…v-409
後、お話の中で、先に下りてきたほうが天国へ召された設定でしたら、今は先に生まれたほうが長男、又は長女ですv-392

お越しくださってありがとうございます

UTAさんへ

そうなんですね、どんどん大きくなる真実に、一緒に成長をと思いつつ、何か小さいままな様な気のする彼方を思って弟と書いてしまいました。そういわれれば兄ですね。しっかりものみたいだし、そうだと思います。

実は…これ、「満月に焦がれて」のあとがきに書いたんですが、ほぼ実話なんです。本当は女の子なんですが、君付けだと性別を特定できるからと、マー君…男の子の設定にしました。


双子ちゃんのママさんなんですね。大変でしょうけど、その大変さがすごくうらやましいですよ。極小で苦労しながら双子ちゃんを育てているママさんに、友達になりたいのに声をかけられないまま引っ越したことありました。

NoTitle

こんにちは。拝読いたしました。
「彼方へ・・・」というタイトル、神山様がひそかに名付けたお子さんのお名前だったんですね。
そして、なんとも不思議な現象でした。お腹の子が語りかけてくるなんて、不思議としか言いようがありません。でも、その声のお陰で助かったのですね・・・。双子ちゃんはなかなか出産が難しいと聞いてます。こういったケースも珍しくないとか。でも、どんな母親でも我が子の無事を願って出産することだけは知って欲しいですね。お空の天使になったお子さんも、きっとお母様のお気持ちが伝わっているでしょうね。
最近、子供と同じ病気のお友達が亡くなりまして・・・とても沈んでました。子供を亡くすとは、どれほど辛いのでしょう。お気持ちわかります、と安易には言えませんが、子を思う親の気持ちは同じですね。
これからも、お子さんの成長を願って、お互い母として頑張りましょうね。
前を見て、後悔しない選択を。

NoTitle

こたろーさんへ

読んでくださってありがとうございます。
この彼方と言う名前は、作品にするにあたり、男名前に換えたもの。本当は清香(さやか)と言う名前なんです。

確かに、双子は妊娠を維持するの自体大変だと聞きますし、私の姉の義妹も同じように一人だけを失っています。


>同病のお友達の事……
本当にその痛みを知っている者は、逆に声をかけて差し上げられないですよね。特にこたろーさんの場合は子供さんはまだ闘っておられるから。それを彼女はたぶん羨ましいと思うだろうから。
闘える幸せがずっと続きますように……

そうですね、後悔しなきゃ転んだっていいんです。転んだことも良い思い出に絶対になりますから。

ありがとうございました。
Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。