スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名はストーリーを決定する?(たすくの頭の中3)

たまには小説がらみのどうでもいい事でも書きましょうか。

1つ少し明確に見え始めたビジョンがあるんですが…これがまたハードで…お前の落としどころはどうしてこうもハードなんじゃ!と、自問自答…こなれるまでにはもう少し時間がかかる模様。

再々スタートしてから(13~20歳と42歳にモノを書いてます)名前に苦労してないんですよ。不思議とキャラを決めると名前が付いてくる。「切り取られた青空」いたっては、本名・ハンドルネーム・ブログタイトル等かなりの名前を作りましたが、あまり困らなかった気がします。

ただ、苗字は少し考えました。亮平はエイプリルというハンドルネームがあったために程なく綿貫という苗字に決定しましたが、加奈子・香織の2人は似た苗字にはできないしと、しばらく考えて取った手段がお笑いの方の苗字に。加奈子はインパルスの板倉さん、香織はバナナマンの設楽さんからなんです(たまたまお笑い番組を娘が見てただけなんですが)。たくさん考えなきゃならないときにこれは使えると思いました。

「遠い旋律」にいたっては、自己紹介の書き込みをしてる最中に思いついた名前!こんなに短絡的でいいのか?高広は降って沸いたように出てきて、高広がさくらって言ったような気がする…思えばあいつって最初から実は自己主張してたのか…つくづく怖い奴です。

何でさくらなの?と思いつつ紡ぎ続けてストーリー展開が変わってしまったんです。本当はもう少し高広の人間関係に絡ませてもう少し付き合う期間があるはずでした。

でも、このロミオとジュリエットっぽい期間が純愛としては頃合だったのかもしれません。キャラに助けられながら書いてますね、私って。

ホントにどうでもいいことでした。
スポンサーサイト

theme : ヒトリゴト
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。