スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の傷は…-遠い旋律24

人の傷は…


-高広のノートから3-

守れないなら、側に居ないほうが良い。バカなオレはあいつの笑顔を見続けると、今度は本当に抑えられなくなってしまうのが目に見えてる。もう最後なんだからいいじゃんって…

そう、守れないからと思っている一方で、オレはどっかあの時、思い切ってヤってしまわなかったことを後悔してる。そしたら、オレはもっと自分に正直になってあいつを側に置くという選択ができたんじゃないかって。

だけど、オレには先はないけど、あいつには…あいつはずっと先まで生きていかなきゃならない。オレの一時の感情で、あいつにもし子供ができていたとしたら…あいつはそれでオレとのつながりを一生絶てない、そう思った。

人の傷は…心の傷でもいつかは癒えるものだ。あいつは『そんなこと言ったって、私だって次の瞬間事故って死ぬかもしんないよ!』って反論するかもしれない。そういうこともあるのも認める。

でも、あいつは生きる…生きていくことの方が可能性として高いんだから。だから、もしもなんて考えちゃいけない。オレのことが完全に思い出になったその時、前にすんなり踏み出せるようにしてやろう…

そう決心がついたらなんか気が抜けたみたいに楽になった。男としては情けなくてふがいないけど、ずっと明日のあいつの笑顔が見えた気がした。

(バカな高広…こんなにも思われてるって分かったら、そんなつながりなんてなくったって私は一生あんたの思い出にすがりつくかもしれない…そんな選択肢は考えなかったの?)
私は…あんたからの最後のプレゼントを受け取りたかったわ…
スポンサーサイト

theme : 自作小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。