スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高広のノート-遠い旋律22

高広のノート


私は高広のノートを開いた。そう言えば、高広の書いた文字ってあまり見たことなかった気がする。メールは手じゃ書かないし。

ノートは何枚か破られた痕があって、そのページの下には強くこすられた痕もあったりしたから、おそらく破られたページの方が高広の本当の本音なのだろうけれど…私が後で見ることになるとあいつも思ったんだろうな。そういうのは全部破ったみたいだった。(どこまでカッコつけたいのよ、高広)

-高広のノートから1-

今父さんから、聞き出した。やっぱりオレはあと少ししか生きられないらしい。

バカにしてるよ!あと3月だって…そのうちオレ、何日まともに動けるんだ?何にもできないまま終るのか…そう思ったら、めっちゃくちゃ悔しくて、腹立ってきた。

でも、腹立てても泣いても何も変わんねぇことも分かってる。それでも、オレにだって一応夢も希望も一杯あったんだけどな。

さくら嫁さんにもらって、子供育てて、自分で設計した家建てて…でも、考えてみたらなんかその夢小っせーな。

さくら…あいつ看護師なんてやってる割りにすぐにテンパるから、オレが倒れたなんて聞けばパニック起こして、他のこと何もできなくなるだろうからって、入院したことも口止めしといたんだけど…結果的に良かったな。でなきゃ、あいつの方がオレの今の状態を先に知ってしまうことになっただろう。
科が違おうが、あいつも看護師だ。病名を聞だけで瞬時にあいつは理解できるだろう。オレのこれからの道筋さえも。

オレは泣き暮らすあいつは見たくない。あと少ししかあいつの顔が見られなくても、だから笑顔でいて欲しい。あいつの笑顔を見たらそれだけで元気になれそうな気がするしな。(バカだろ、オレ)



ゴメンね、高広。私、そんな風に思ってくれてたのに泣いてばっかだったね。もっと笑ってあげたら良かったね…

私はとめどなく流れてくる涙を拭いもせず、次のページをめくった。



スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。