スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音信不通-遠い旋律9

音信不通


そして、新しい年が明けた。

私たちは初詣に出かけた。
高広は歩いている間中、ずっと私の手を離そうとしなかった。まるで、手を離してしまうと私がどこかに行ってしまうとでもいうように…

私は幸せだった。それはずっと続くと信じていた。

でも、1月が終わりになる頃、今度は高広からの連絡が突然途絶えた。メールを入れても返信はまったく返ってこないし、電話しても電源すら切ってあってつながらない。

クリスマス前の仕返しでもしているのかしら。あいつやられたらやり返すみたいな子供じみたとこあるし)と、最初の内は思ったけど、それが3日になり、1週間が過ぎ、半月を超えると私はものすごく不安で、居ても立ってもいられなくなった。

それで、私は高広の家に直接行ってみた。留守みたいで、チャイムを押しても誰も出てきてくれなかった。しばらく私は、家の前で待ってみたけど、夕方になっても高広はもちろん、他の家族の人も帰っては来なかった。夜遅くまで待ってもいられず、私は仕方なく帰って来てしまった。もう心配で、おかしくなっちゃいそうだった。

だから、ほぼ1ヶ月経った時、高広の方から会えないかとメールをもらった時には、涙が止まらなくなって、思わずケータイ壊しちゃうかなと思ったほどだ。

私は慌てて涙声のまま電話した。メールなんてもどかしかった。
「今から会えるか?」
いきなりかけたのに、高広はそう言った。
「大丈夫だよ、今すぐ行くから。いつものとこだよね。」
ちょうど夜勤上がりだったから、即答した私。
やっと会えるんだ!

私はそれこそ空でも飛べるような気になって、いつもの待ち合わせ場所に急いだ。

…でも、そこで私を待っていたのは…
スポンサーサイト

theme : 自作小説
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。