スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バニシング・ポイント 17

「それがどうして問題なんですか!」
妊娠報告だというのに、問題だという鹿島の言葉に衛は声を荒げた。
「本当なら私だって素直におめでとうと言ってあげたい。でも、無事に生まれてもそうでなくても、子供はこれっきりにしていただきたい。私はそれだけをあなたに言いたかったんです」
それに対して鹿島はそう答えた。
「お腹の子供に何か問題があるんですか?」
「それは……症例自体が少ないので、まだ現時点では何とも言えません。ただ」
「ただ?」
「ただ、妊娠出産は長丁場。体質が全く変化してしまうこともある大変な作業です。これが引き金になって再発するケースもあり得ます。その場合、投薬などを考えると、妊娠の継続はまず難しい。でも、博美ちゃんの性格ではそうなった場合でも、頑として子供の命を優先するように言うでしょう。大抵の場合、女性はそう主張する方が多いです。実際、今日も私このことを持ち出したら、『私の命もこの子の命も同じ命でしょ? 命の重さに変わりはないはずです』と睨まれてしまいましたよ。
そうは言っても私にとっては博美ちゃんは彼女が12歳の時から共に闘った仲間だ。これから生まれてくる命を蔑ろにするつもりはありません。ですが、私は彼女を失いたくない」
鹿島はそう言って苦笑した。
「だから、博美ちゃんにはあなたに避妊してもらうように前々から言ってあったんですが、そのご様子ではやはりあなたにはそのことは言ってなかったようですね。そう思いましたんで、今日はあなたに直接お話ししたほうがと思いましてね」
衛は鹿島の言葉に黙って頷いた。

「これからは担当は産婦人科に移行しますが、私もできる限り協力はするつもりでいます。母子共に無事で生まれてくるように。ただ、その後は避妊を心がけてください、お願いします」
「仰ることは解りました。でも妊娠を避けるのなら、その……」
衛も普段、そういった話を仲間内でしていないこともないのだが、さすがに自分よりも一回りも年上の鹿島に直接的な表現で言うことは憚られた。
「ああ、性行為のことを心配しておられるんですか。性行為自体はよほど激しい一晩中とか言うのならともかく、一過性のものですから十分大丈夫ですよ」
鹿島はそれに対して無表情でそう返した。

 そして、話し終えた衛は鹿島と別れて自宅へと向かった。その道中、衛の心は重かった。博美はそれこ嬉々として自分に妊娠の事実を伝えるだろう。その笑顔を見るのが今、無性に怖かった。
スポンサーサイト

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

バニシング・ポイント 16

 それから2ヶ月後のことである。職場で、衛のデスクの内線電話がなった。
「寺内さん? 鹿島様という方からお電話です」
総務の女子社員がそう告げた。しかし今、衛には鹿島という顧客はいなかった。誰かが紹介してくれたのだろうか、首を傾げながら電話に出る。
「お電話ありがとうございます。営業部、寺内です」
「あ、寺内衛さんですか。こちら、××大学病院の鹿島と申します」
そして、衛は××大学病院と聞いて一瞬にして血の気が引いた。博美があの病気で入院していた病院であり、今日は再発のための定期検診に行っていたからだった。
「実は、博美ちゃんの事で、一つだけ申し上げておかないといけないことがありまして……」
「今からそちらに伺っていいですか!」
つづけて用件を話そうとした鹿島の言葉を制して衛はそう言った。たぶん再発したのだ。そんな宣告を職場でなんか聞きたくはない。
「今からですか? 今からはちょっとムリですが、今日は六時頃には仕事は終わります。その後なら……」
「分かりました。6時にそちらに伺います」
「では、1階のコーヒーラウンジで待ってます」

 それからは一日まるで仕事にはならなかった。衛は定時で仕事を終え、慌てて会社を出た。
 早めにコーヒーラウンジに着いてから約15分後、5分遅れで鹿島はそこにやってきた。
「すいません、わざわざ時間取っていただいて」
「構いません。僕もこの事は医師としてではなく、インターンの頃から知っている博美ちゃんの古い友人としてあなたに言っておきたかっただけですから」
鹿島はそう前置きしてから、
「それで、今日の検査の事ですが、再発の兆候はありませんでした」
衛はとりあえず再発していないと言われて安堵した。
「ですが、一つだけ問題があります」
何か別の病気にでもなったのだろうか。だが、鹿島の答えは違っていた。
「博美ちゃんは妊娠しています」
妻の担当医はにこりともせず、衛にそう言ったのだった。

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

同じ重さの……-バニシング・ポイント 15

 同じ重さの……

 衛と博美が結婚して8ヶ月が経った。
「テラさん、今日飲みに行かね?」
そう言ったのは、堀木俊樹だ。
「いや、止めとくよ。博美が待ってる」
「最近、付き合い悪いっすね」
「俊樹とここそ子供生まれたんだろ。お前こそ、早く帰らなくていいのか」
「いいんですよ、俺なんかいなくたって」
衛の一言に、俊樹はぶすっとふくれっ面で答えた。高卒でこの会社に入った彼は、つい最近中学の時の同級生、智佳子と結婚した。
「どうせ、愛花は親父たちのオモチャなんすから。風呂から抱っこまで俺の入る隙なんてないんです」
「何だそれ」
「デキ婚なんてカッコ悪くて親戚にも顔向けできないとか言って反対しときながら、愛花が生まれたころっと宗旨替えしてベタ甘なんすから。愛花はねぇ、俺智佳ちゃんとの娘ですよ。親父と言えど、男に触らせる筋合いはないっすよ」


-*-*-*-


「な、親バカだというのか、何て言うのか……結局俊樹だって同じ穴のムジナだと思わないか」
帰宅後、衛は笑いながら博美にその話をした。
「俺もさ、子供が生まれたらあんな風になっちまうのかな。ま、博美に似た女の子なら絶対にそうなるかもな」
妻の手料理に舌鼓を打ちながら上機嫌に話す衛には、差し出したお代わりの茶碗にご飯をつぎに行った妻がこっそりと涙を拭いていたのに気付かなかった。

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

バニシング・ポイント 14

 翌日、順子は博美に電話を入れた。信輔にはそれとなくと言われたが、博美の性格を考えるとどう考えてもストレートに話を切り出さないとそこには行き着きそうにない。
「昨日、衛君から電話もらったのよ」
「衛、お姉ちゃんに電話したの?」
「ううん、私じゃなくて信輔先生に。受洗するにはどうすればいいかって聞いてたわ」
順子の耳に蚊の鳴くような声で博美の
「そう……」
という返事が聞こえる。
「博美が止めてるんだって? 衛君の受洗」
「うん……」
「嬉しくないの? それとも衛君のご両親が反対してるの?」
「ううん、それはないと思う」
「まさか、中野先生が反対してる?」
「中野先生には言ってないと思う」
「なら何で」
順子には反対する理由がわからない。
「だって、衛メッセージの時、いつも寝てるんだよ。祈ってるのも聞いた事ないし。それなのに、いきなり『洗礼受けたい』って言い出すんだよ。きっと、私が『同じくびきを負うものじゃなきゃ、結婚なんて長続きしない』って言ったからだよ」
そうか、ヒロは自分と結婚するために衛君がムリをして教会に通っているとそう解釈しているわけか。
「でも、救われるきっかけはどんなところにあるか分からないわよ。ヒロが決めてかかるのも良くないと思うけどな」
「うん……」
そう言っても博美の返事は果々しくない。
「まぁさ、導きならどうあってもいつかは救われると思うから、今は様子見でもいいかもね」
 順子は結局この頑固な妹の性格を考えて押しすぎることを避けた。だが、後々順子はこのときのことを夢に見るほど後悔することになる。

 衛と博美はこの約一年後、24歳で結婚した。

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

最新秘密兵器のご紹介

愛しのポメラちゃん

今まで、原稿はこちらかFC2小説にダイレクトアタックで執筆してきたんですが、「バニシング・ポイント」からこちらの機械で執筆しております。

これ、ポメラという電子メモの一種なんですが、折りたたみ式のミニサイズキーボードで、ミニパソよろしく打ち込むことができます。このキーボード、ミニサイズと言ってもちゃんとブラインドタッチできますし、慣れるとパソコンと変わりなく入力できます。次回原稿が書きかけで表示されているのはご愛敬です。


ポメラ、ケースと本体

何より、コレ、携帯ゲーム機程度の重さで、単4乾電池二本で20時間使える優れモノ。たためばこんなにコンパクト。ケースに入れてると、
「まるで聖書だな」
と、夫。ちなみに私はこんな感じの自作の聖書カバーに聖書入れて使っているもんで。

導入のきっかけは父の入院で、頻繁に大阪と三重を往復しなければならなかったから。伊勢から大阪まで特急でも約1時間40分、小説を書くまではゲームとMP3で過ごしていたんですが、書き始めてからはゲームにはほとんど手を出さず、ノートに手書きで原稿を書いていたんです。

でも、私本当に自分の字がキライなんです。だからといってノーパソを持って移動するのはしんどいってことで、ア〇ゾンで買いました。

それに、FC2小説では、しおりを入れていただいた方には、下書き更新をしただけで更新履歴が残るんです。あの亀作品、2~3行毎に一息ついたりしてたこともあり、その度に覗いてくださる方があると聞いて、一話書き終わってから流す事に。

原稿は、マイクロSDにコピーしてパソコンで読み込むとメモ帳に表示されるので、そこからここにコピペします。
一応、QRコードに変換して携帯からも飛ばせる機能もあるんですが、QRコードを携帯で読み込むのが……ヘタ。USBコードも付いてますけど、何故か毎回デバイスが増えるという事態が起こってしまったので、いまはSDオンリーです。

本来は会議録のために開発されたらしいですが、フタを開けて見ると物書き(アマ・プロ問わず)さんの需要がものすごく多いらしいというのも頷けます。

私の今の一押しですよぉ~

バニシング・ポイント 13

「へぇ、やっと折れたんや」
 月曜日――信輔は衛からかかってきた電話を受けて口角をあげた。よかった、やはり悪い知らせではなかったのだと順子は側で見ていてホッと胸をなで下ろしたのだが、その信輔の眉間に徐々にしわが寄り始めた。
「そら、博美ちゃんは寺内君のお家のこともようわかってるんやろうから」
えっ、ヒロ……
「中野先生は喜ぶと思うよ。せやから、気ぃつこてんのちゃうかなぁ。衛君長男やしな。とにかく、受けんでもカウンセリングだけでも大丈夫やから……うん、僕で良かったらまた相談に乗るし。うん、そんなら一番いい解決法が示されるように僕もお祈りしとくわ」
そう言って信輔は電話を切った。

「寺内君受洗したいって」
電話を切った後、信輔は彼の顔を食い入るようにのぞき込んでいる妻にそう言った。
「衛君、決心したの!?」
衛が洗礼を受けると聞いて順子は色めきたった。
「けど、博美ちゃんがそれを反対してるらしい」
「ヒロが? どうして」
「たぶんやけど、博美ちゃんは寺内君が自分と結婚するためにそうせんなあかんと思てんねんやと思てるんちゃうかな」
「結婚するためにって」
「博美ちゃん、寺内君のプロポーズ受けたらしいよ」
「ホント!」
「で、教会で結婚式しようと思たら、受洗してんなあかんのちゃうのって」
 確かに順子たちの母教会では、信者同士の結婚が基本で、片方が会員ではない場合、教会堂の使用を認めない。
 しかし、牧師はそうして頑なに敷居を上げて未信者との結婚を否定しているわけではない。逆にそれは大いなる伝道の機会であるのも理解している。だからそれはあくまでも基本で、未信者のパートナーは、求道者として教理を理解する為の通称『結婚カウンセリング』を数回受けて信者に準ずるものとして結婚式に臨む。そんなことは親の代からの信者である博美には充分わかっているはずのことだ。
「私から一度博美になんで反対してるのか聞いてみようか?」
順子の提案に信輔は頷くと、、
「まだ、お義父さんたちには言うてないかもしれんから、それとなくな」
と返した。


theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

同じ軛(くびき)-バニシング・ポイント12

 翌春、順子は信輔の待つ大阪の大学へと旅立っていった。

 それから2年、順子は神学部の基礎コースを終えた。信輔とは在学中に籍を入れ、卒業と同時に夫と共に任地に赴いた。年が新たにされる頃には、第一子も産まれる予定だ。
 衛は地元企業に就職したという。博美も父の知り合いの会社にアルバイトとして働きだした。
 博美は新たな世界が本当に面白いらしく、電話をする度喜々としてその様子を語るのだが、博美が心底楽しんでいるその状況は、普通なら当たり前のことで、同じことの繰り返しにうんざりとしている者も多い事柄だ。
 順子は前向きに生き始めた妹の事を喜ぶと共に、そんなささやかなことにまで喜びを感じる妹を不憫に思っていた。

 土曜の昼下がり、順子読み聞かせの会をしていたときだった。読み聞かせの会というのは、小学校低学年までの児童を対象に、信仰をベースにした良書を信徒が読み聞かせる集会だ。
「順子先生、電話!」
集会の手伝いをしてくれている高校生がそう言って順子を呼んだ。
「寺内さんって人から」
衛くん? いきなりなんだろう。
「急いでるかどうか聞いてちょうだい。で、急いでなければ集会が終わったら電話するからって伝えて」
「はーい」
 その後、応対した高校生から別に急ぎのようではないから夜にでも再度かけ直すとの伝言を受けたものの、順子はその内容が気になってしかたがなかった。
 順子は夕食を終えてすぐ、自分から電話を入れた。土曜の日は信輔は翌日のメッセージに向け、夕食後は準備したものをもう一度見直し黙想するので、まだ二人きりの今、順子には逆に手空きの時間でもあった。

「衛君、久しぶり。電話くれたんだってね」
「あ、順子姉ちゃん。俺から電話つもりだったのに。わざわざ電話くれてありがとう」
「で、何?」
「あ、曳津先生の暇な時間を教えて欲しくてさ」
「何だ、信輔先生に用事だったの?」
順子は結婚直前まで信輔を曳津先生と呼んでいたが、自分も曳津姓になってしまった今、そう呼ぶ訳にもいかず、それでも名前に先生をつけて呼んでいるのだ。
「ああ」
「信輔先生なら、月曜日を一応お休みにしているから。衛君は何時頃仕事から帰ってくるの? 電話してもらうわ」
「いいよ、こっちが聞きたくてかけたんだし、ちょっと家ではかけにくいしさ、先生が家にいるんだったら、仕事上がりに公衆電話から電話するから」
「家では電話しにくいって……」
何かトラブルにでも巻き込まれているのかしら、順子は不安になった。
「あ、そんなややこしいことじゃないから! じゃぁ、月曜ってことで。先生に伝えといて」
だが、順子が家では電話できないと言われて心配そうな声を出した途端、衛は慌てて電話を切ってしまった。
 順子は一抹の不安を抱えたまま、とりあえず月曜の夕方衛から電話があるらしいとだけ告げたのだった。

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

バニシング.ポイント11

夜、衛は博美に電話をした。
「昨日は、ゴメンな」
「何が?」
いきなり謝る衛に博美は怪訝がる声で返した。
「無理矢理食わせちまったろ」
「そんなの謝らなくていいよ」
「十二指腸炎だって?」
「……うん」
「あのさ、俺で良かったら相談に乗るけど」
「へっ?」
「十二指腸なんだろ? 十二指腸が悪くなるのって神経からくることが多いって聞くから」
「べ、別に悩みなんてないよ」
「そっか、ならいい」
「変な奴」
あっさりと引く衛に、博美はそう言って笑った。
「なぁ、ずっと側にいてくれ、な」
しかし、衛がそう言うと、その笑い声が少し震えた。しかし、そのことを気にもとめていないかのように、衛は歌い始めた。それは彼がコンサートの後コクる時にかけようと思っていた曲、「La luce la ciamo’」だ。

『La luce la ciamo' 君がいなければ僕の世界に色はなかった。
La luce la ciamo’ 照らされて僕は僕になる』

「私、いつまで一緒にいられるか分からないよ」
歌を聴き終わった後、口を開いた博美は涙声だった。
「そんなの誰だって同じさ。俺だって明日事故で死ぬかもしれない」
「そりゃ、そうかもしれないけど」
「そう、人間明日どころか数秒先のことだってわからない。だから変に欲張ったらあっと言う間に命取られるとかお前、今でもそんなことを思っているのか?」
「そこまでのことは思ってないよ。ただ……今までのようにいつでもお迎えに来てくださいって言えなくなってる」
「は!?」
“お迎え”のフレーズに、衛は思わず聞き返す。やっぱ、ずれてるよなと思う。
「私が命を長らえた意味って何だろうって考えたら、怖くなったの。だって意味のあること何も私にはできてないんだもん……」
生真面目すぎるんだよ、博美は! こんなもんいつまでたってもムードなんか出る訳がない、こうなりゃ……
「バカだな、今はできてなくたってこれからややりゃぁいいじゃん。教会のセンセじゃないけどさ、『祈りは聞かれる』んだろ。お前がそれを見つけるまで、神さんはきっとお前を死なせたりしないさ。んでさ、見つけるためにいろんなことしなきゃな。ま、手始めに俺とつきあおう」
衛はそう言って、ボリボリと頭を掻いた。
「どうしてそこに行き着く訳?」
「まぁさ、んと……一人の男を幸せにするのって、結構意味あると思わねぇか」
「そうかもね。それが衛である必要はないけど」
「でも、俺以外にそんな物好きいるのかよ」
「わかんないよ、いるかもね」
「言うよな、お前」
人生に悩んでる割には。
「でも、手っ取り早いし、衛でいいよ」
「俺で良いよって、なんだよ」
「だからそのままの意味!」
「ま、いいか。ほんじゃまつきあうって事で。また明日電話する」
そして、衛は博美の承諾を聞いた途端、電話を切ってしまった。
博美は、切れた電話の音を聞きながら、
「衛が良いんだよ」
と小さな声でつぶやいていた。当然ながらそれは衛の耳には届きはしないのだが。









more...

「エロ空」始動

昨日から「なろう」で「切り取られた青空」の連載を始めました。

いえ、正確に言うと「なろう」ではなく「ムーンライトノベルズ」です。つまりR-18仕様です。

通常ブログ画面から直接作品にリンクを貼っておきました。

とは言え、どこまでエロにできるか自信はないんですが、あの設定なのでR-15程度でぼかすのもなんだし、思いっきりやってみたかったんですよね~

今んとこ加奈子はダイエットを始めたばかりで元々の原稿と変化はありません。来週くらいからかな。

しっかしねぇ、ダイエットネタということで、初日からアクセスすごいです。ああ、最後まで飽きずに読了してもらえるといいな。

theme : 更新報告・お知らせ
genre : 小説・文学

La luce La ciamo’-バニシング・ポイント10

La luce La ciamo’ 

  日曜日、衛は礼拝後の博美と待ち合わせをし、喫茶店で遅い昼食をとっていた。
「博美、ちゃんと食えよ。おまえ何も食ってないだろ」
衛は、裕美のために無理矢理頼んだサンドイッチを指さして言った。
「だって、お腹空かないんだもん。大丈夫よ、朝ご飯ちゃんと食べてきたし」
「朝? 今何時だと思ってんだよ、もうすぐ2時だぞ」
「でも、お腹空かないんだもん、しょうがないでしょ」
博美は衛の言葉にそういってむくれた。
しかし、衛は最近彼女が自分の前で飲み物以外のものを口にしていないことに気づいていた。その飲み物もコーヒーや紅茶などで、ミルクは入っていることはたまにあるがノンシュガーである。つまり、カロリーになるものをほとんど摂っていないのだ。
それに、博美は低血圧で、入院中は出てくるので仕方なく牛乳に位は手を付ける程度で、家ではまず食べない。朝食を食べたと言ったのは、きっと方便だ。
「とにかく、空いてなくても食え!」
衛はそう言うと、博美の口にサンドイッチを取って突きつけた。なので、彼女はしぶしぶ2、3度口に運んだが、それだけで
『ごちそうさま』と言い、また紅茶の方に手を伸ばした。
(水分ばっか摂ってるから、食えなくなるんだよ)衛はよほど博美の手から紅茶を取り上げようかと思ったが、そうしたところで彼女はサンドイッチに手を伸ばすことはないだろう。

 翌日は連休で、衛たちはデパートで行われる絵画展に行く約束をしていた。
朝、博美を迎えに行くと順子が出てきた。
「衛君、ごめんね。ヒロ楽しみにしてたんだけど、今日は行けないわ」
「何で?」
「朝一で病院に行ったのよ。十二指腸炎だって。潰瘍化してないから入院はしなくて良いみたい。とにかく点滴だけしてもらって帰ってくるけど、今日はそういう訳で止めとくって」
「わかった」
衛は頷くと自分の家へと帰って行った。

 

 

theme : オリジナル小説
genre : 小説・文学

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。