スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高広が呼んでいる

「満月」の書き換え…止まってます。
何でかって言うと、弘毅でさえイレギュラーキャラなのに、周人が生まれたことで子ども世代の物語が追加されてしまったから。

それと…「遠い旋律」の3度目の正直がどうしても書きたくなった。
何でだろ…最初自分でも分からなかったんです。

そして、遅ればせながらやっと気付きました。店のすぐ近くの病院の前の桜の木に蕾が差した時に…
「あ、高広が呼んでる。」そう思いました。さくらに化けたく(笑)なったんです。
高広…こいつホントに自己主張キャラです。書き直しをたぶんこの時期にして欲しいんですよ、きっと。

だから、テンプレートも桜に替えました。
コブクロの「桜」を聞きながらぽちりぽちりとケータイのキーを探っていると(パケホにして、仕事の休憩時間に時々書き換えだけをするようになってます)何かさくらの気持ちに近づけるような気がします。

それって、なりきり度が高くて自分の感情を人に押し付けてるってことなのかもしれないですけどね。

ただ、桜が散ってしまったら、New弘毅君も早くお披露目したい!新キャラ君たちも…

やっと…やっとここに帰って来れました。
スポンサーサイト

右脳人間・左脳人間

「青空」と「いと」を三重のリア友に見てもらっていましたが、昨日その感想をメールでもらいました。
読みやすかったと言われてとりあえずほっ…

あと、加奈子は右脳人間、香織は左脳人間だと書かれてあり、なるほど!と思ってしまいました。
感情優先の加奈子と理性の香織…香織もいまいち理性的じゃないような気もしますが、ラストのインパクトが強烈だからなのか、やっぱ計算高いという印象はぬぐえないのかも知れません。


だけど…私の中では決して香織は計算高い女ではないんです。むしろ、おバカだと思ってます。彼女が亮平の所へ直接乗り込んだ理由って、電話だと切られてしまえばそれで終わりだからなんです。実際、亮平も香織も知る由もないですが、加奈子はケータイぶっ壊してまで終わらせてますしね…彼女はなんとしてでも自分が亮平が好きなことだけは伝えたかった。これのどこが計算高い?ってね。

2度目のときも、こんなにすんなりと彼が受け入れてくれるとは彼女思って行動してませんでした。ダメでも仕方ないと本気で思ってます。ただ、翌日の軟化した彼の態度に、淡い期待を消せずにいただけ…それだけなんです。

って、なんかいきなり終わって久しい作品のあとがきみたいな話になってしまいました。

もしよろしければ、酷評でもいいので、作者にお知らせくだされば幸いです。と、ぐじぐじと悩みつつそれも肥やしにできればと思っております。

あ~でもやっぱなんかそれって怖い…(この小心者!)

theme : オリキャラ語り
genre : 小説・文学

3度目の正直

「遠い旋律」反映させようかどうかで、実は悩んでました。練り直したものに酷評をもらったので、へたれはかなり凹んでました。

ま、もっかい練り直すのも良いか…と開き直りもできましたし、今回いろんな方の作品を読む中で、万人に受け入れられる才能があったらとっくにプロになってるよなって思えるようになったから。

そう…ここはブログなんだし、まったくの別人物として回想録を書いている…それもいいんじゃないかなと。

それと、今回書き直してみて「たすく節」みたいなものもはっきりと認識しましたし。私のテーマというか食いつくキーポイントみたいなものをいくつか見つけました。それを追求したって良いじゃないって…ほんと開き直ってばっかですが…

いざ生きめやも-
次は何人分生きられるかな。
という訳で、新作の方もそろそろスタートしたい。しかし、タイトルが決まらない!無題で始める度胸もないですし、並行して「遠い旋律」の書き換えをするとまた、妙なトラブル起こしそうだし…

こういう悩み方をした時点で復活してる証拠だわね、私の場合。

加筆あとがき「青空」「いと」編

FC2小説からの反映作業、やっと「切り取られた青空」と「切り取られた青空-いと-」とが終了しました。

「青空」あまり変わっていないかも。会話の多い後半部分は手をいれましたが、どこが変わった?って思われそうなくらいかも。

「いと」は最初サブタイトルを全くつけないで書いていましたが、FC2小説で章立てをしないと途中から読みにくいことから、サブタイトルを設けました。その際に、ネタばらししたくないので、途中でわざと止めたりしてた部分とか、もっと情けないのは時間がなくて分けたくくりを分解しなおして章立てにしました。

それと、ダイエットにはかなりのタイムラグが必要なのを失念して、岐阜へ戻ってからの年数を1年半勘違いしてたのを修正しました。26歳で岐阜に帰ってるんだし、14年が正解。数字は好きなんだけど、計算できない奴だわ、つくづく…

加筆で特に意識したのは、香織の涙の部分。おとなしいけど芯のしっかりした女性という設定の香織ですが、前の原稿ではともすれば自信満々に映るかなと思って、今回かなり泣かせてしまいました。
入籍部分も新たに追加しました。

theme : 物書きのひとりごと
genre : 小説・文学

前へ、前へ…

FC2小説への書き込み作業はあと少し…
あと少しと言いつつ、最初脇キャラのつもりの弘毅が一気に主役級にのし上がった部分の書き足しが思いのほか多くて、どんどんと原稿が伸びていきます。後1/4残しているのに、もう既に初稿を超えるページ数が…あの単細胞おバカキャラ、好きなんでしょうね。洋介も前よりは気持ちをストレートに前に出せてるかも。
「月篭り」が「Dark Moon」になんてね。そんなご大層な原稿じゃございませんけど…(スキビネタですので、スルーお願いします。)

言葉じゃなくても伝わること、言葉じゃなきゃ伝わらないこと…ちゃんと見極めて言葉じゃないと伝わらないことはしっかりと出してあげないとね。(ああ、その力量がないのが悔しい)

キャラと一緒に私も前に踏み出せるように、頑張ります。



theme : ヒトリゴト
genre : 小説・文学

ただいまリハビリ中

私らしくなく、長々と留守にしてました。

留守にしてる間、最初の一日は風邪でダウンしてたんですが、そのあとは小説ポータルの方に今までの作品を書き直して入れてました。さすが専門サイトなので、なれると面も揃って書きやすいです。
(ページがめくれないとか…初歩的なことも言ってましたが)

この間の女の子に、私が苦手な部分をちょっと指摘されてへこんでいた部分もあったりして…今までの分を自分ができる範囲で手直しを加えています。
だからと言って基本的なストーリーが変化する訳ではないので、あまり変わり映えはしないかもしれませんが。
「切り取られた青空」は既に終了。今「切り取られた青空-いと-」の7割部分を走っています。

もう少ししたら、こっそり反映させておきますので…(順次やればいいんですが、書き直しがまたたのしくて、先に全部やりたくなっちゃってます)
大部分は台詞の部分にト書きが増えている程度です。映像がないんだから動きいれないと分かりにくいよと言われたので。本人には映像化されてるもんで、いまいち自覚がなかったんです。読みなれた人に見せてみて良かったと思いました。

以上ご報告でした。

theme : 今、思うこと。
genre : 小説・文学

痛み

今日は他の方の作品を読んでいました。軽げな題名のわりにものすごい重いテーマで、読み終わった後しばらく辛くなりました。私も似た経験をしてるので、わかりすぎるくらいわかるのもその理由の1つでした。

私もまた、人に痛みを与えている、与えるのかもしれません。

新作…見え始めましたが、まだ踏み出せずにいます。





theme : 今、思うこと。
genre : 小説・文学

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。