スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20年目の手紙-precious dream1

20年目の手紙


「お父さまぁ、まだぁ?」
「ああ、アルプスの山並みが大きくなってきたからね、もうすぐ着くよ、ほのか。」
ずいぶん眠ったのに起きてもまだ着かないと不満を言うほのかに僕はそう答えた。
僕は家族を乗せてアルプスのふもとの村まで車を走らせている。

僕は一ヶ月ほど前、一通の手紙を会社で受け取った。

差出人は梁原健史、そしてその妻夏海。
手紙には彼の父親の故郷(とは言え、父子の名乗りをあげている訳ではないので、父親自身は彼がいることすら知らないらしいが)であるその場所で民宿を始めることができたので、是非来て欲しいとあった。僕の引越し先が分らないので会社に直接送ることを許して欲しいと…

気がつけばあれから20年あまりの月日が経とうとしていた。

海(夏海)と別れてから半年位が経った頃、突然健史が失踪した。行き先に心当たりもなく途方にくれていたところに、今度は僕の会社に海の両親が怒鳴り込んできた。娘が消えたと言って…
そう、彼らは駆け落ちしてしまったのだ。

僕が『健史なら海を渡しても構わない』なんて不用意な発言をしてしまったとき、『倉本は俺の許では幸せになんてなれない』と言っていた彼だが、彼女への想いには勝てなくなって、彼女にアプローチし、彼女もそれを受け入れた。頭ではそうは解ってはいるのだが、胸は切り裂かれるように痛んだ。

そう、あんな事を言ってしまった自分が悪いのだ。自業自得というやつだ。

そして、親友と元恋人をいっぺんに失った僕は、その6年後あの人(僕の父親)に勧められるままにお見合いをし、海によく似た女性-志穂と結婚した。あの人から勧められた相手なら、子供ができなかろうが妻たる志穂は周りに責められることはなかろう、それ位の気持ちだった。

しかし、結婚して1年半の後、志穂は妊娠しほのかを産んだ。
薬の後遺症が時間が経過して軽減したのか、はたまた体質が変化し、僕の生殖能力が人並みとはいかないまでもそれなりに機能し始めたのか、良い偶然が重なっただけなのか…何が原因なのかは分からなかったが、とにかく僕は父親になれた。

昔話に思いを馳せている間に、目指す民宿に到着した。僕の姿を見咎めると、健史は手を振ってから深々と頭を下げた。
「ようこそ、わが城へ。龍太郎、あの時は急に会社も辞めたりして、迷惑かけたな。」
健史は昔とちっとも変わらない、人懐こい笑顔で僕を迎え入れた。
「そんなの気にしないで、お招きありがとう。紹介するよ、妻の志穂。そして…娘のほのかだ。」
志穂が僕の後ろで頭を下げた。健史はほのかを見て驚いた表情を見せた。

-*-

「お荷物お持ちします。」
そのとき僕の右から声がして、トランクから降ろした僕の荷物を若い男性が持った。
「ありがとう。」
僕が顔を上げると、そこには健史そっくりの若い男性が僕の荷物を持っていた。
「紹介するよ、一番上の息子の健一。」
「健一です。〇〇大学の2回生です。今は、夏休みなんでこき使われに帰って来てます。」
そうやってはにかんで笑う顔も健史そっくりで、僕はしばらく返事できないで固まっていた。
「後で紹介するけど、この下に美姫(みき)って高校生の娘と、康史(やすふみ)っていう8歳の息子がいる。」
「そ、そう。」
それから、荷物を持って歩き出した健一君を一瞥した健史は僕に小声でこう言った。
「あいつができたのがさぁ、俺たちがばっくれた理由。」
そういうと、健史はそそくさと先に自分の城に入っていった。
それにつられるように僕たちも建物の中へと入っていった。

「わぁ、素敵…」
中に入った途端、思わず志穂が声をあげた。
木の質感を前面に押し出した内装、そして手作りの温もりの伝わる調度や飾り。僕は海とすごしていた頃の事を思い出して懐かしさでいっぱいになった。
ああそうだ、これはたぶん海の手作りだ。そしてたぶんこれは健史が自分で…そう考えてみると、こまねずみという言葉がしっくりくる海と、同じように働き者の健史に民宿という仕事はいかにもぴったりだったし、彼らが惹き合い沿うのがやはり必然だったのだろうという気がしてきた。

「龍太郎、今日は来てくれて本当にありがとう。」
そして、僕の前に現れたかつての恋人はもう既に泣いていた。
「夏海、いきなり泣きながら現れるなよ。康史が変な顔して見てるぞ。」
「そんなこと言ったって、もう2度と会えないって思ってたんだもん。」
茶化す健史に海は少女のように頬を膨らませてそう言った。
本当また会えるなんて僕も思わなかった。しかも、こんなに穏やかな表情でお互い会えるなんて想像すら出来なかった。
時に時間は残酷だけれども、時に優しい。
スポンサーサイト

theme : 自作小説
genre : 小説・文学

tag : *

消えた理由-precious dream2

消えた理由


夜、僕と健史は久しぶりに共にグラスを傾けた。
「実はさぁ、夏海に子供ができたとき、俺は最初1人で消えるつもりだった。元々そのつもりで夏海に近づいたから。」
健史は当時のことをポツリポツリと語り始めた。
「どうして!」
それにしても、何で健史1人で消えなきゃならないんだ。僕はそう思った。
「そうすりゃ、お前たちは何の障害もなく結婚できるだろ?でも、出来なかった。俺、いつの間にか夏海に惚れちまってたからさ。」
その発言に僕はまた驚いた。なら、何のために…僕の中で考えも付かなかった選択肢を健史は照れながら続いて口にした。
「その…さ、俺がそれまで好きだった奴って、龍太郎…お前だし。」
「お前って…そんな、僕、男だよ。」
僕は引きつった顔でそう答えた。
「だからさぁ、いい加減そんなお坊ちゃま口調はやめろよ。ついつい押し倒したくなるからさ…」
健史は僕の顎を一撫でし、僕の耳元に息を吹きかけてねっとりと甘くそう囁いてから、
「…って、あの頃はそう思ってたよ。」
と言うと馬鹿笑いをした。さらに、
「あ~、おかしい!お前って思ったとおりのリアクションしてくれるから笑える~。」
と腹を抱えて笑っている。
「冗談だったの?!ひどいよ、それ。」
だから、僕は真っ赤になって怒った。すると健史は、まだ笑いの抜けないまま腹を抱えて、
「冗談なんかじゃねぇよ。本気じゃなきゃ、今更こんなこと言わないさ。」
と言った。
「本気…だったの?」
「ああ、大マジだったよ。」
健史は肯きながら真面目な顔になってそう返した。
「でなきゃ、俺の性格ではお前が言うからって『はい、そうですか』ってモノに出来ると思うか?
お前が好きで、お前のためにしてやりたいと思ったからなんだよ。子供さえいれば別れずに済むんなら…って。俺、男で良かったと思ったよ。女なら夏海と一緒で、逆立ちしてもこんな手伝いできっこないんだからな。バカだって言ってくれて良いぞ。」
そこまで言って、健史は軽くため息をついた。

「でもさぁ、夏海には俺がお前が好きであいつに近づいたって感づかれてるって気付いてさぁ。
けど、夏海はそんな俺を丸ごと受け止めてくれて、そんな俺に『愛してる』って言ってくれたんだ。俺、それにぐっときちゃって…気付いたらお前より夏海に惚れちまってて、お前に返すのが惜しくなってた。その時、健一が出来たのが分かった。」
僕はその言葉に黙って頷いた。
「計画してたときには思ってもなかったことなんだけど、実際子供ができたと分かったとき、俺の中で『夏海も子供も渡したくない』って気持ちが芽生えて、正直狼狽えたよ。でさぁ、夏海に正直にお前とのやり取りを話して、お前んとこに行けって言った。俺は、お前の方が大事だって言ってな。」
「そんなこと、言ったの?!それ、僕と変わんないじゃない。」
僕がいろんな娘と逢瀬を重ねていた事にして別れたのを咎めたのは当の健史じゃないかと思った。
「ああ、それ、夏海にも言われたよ。『もう、私の気持ちは考えてくれない訳?!あなたたちの都合でたらい回しなんてうんざりよ!』って怒鳴られた。『私はあなたの側に居たいの。迷惑ならあなたからは離れるけど、龍太郎のとこにも行ったりしないわ。ねぇ、そんなに私の事嫌い?』とまで言われちまって、その言葉に俺は夏海を離せなくなった。だから…ゴメンな。」
「そんなの…僕は自分から海を手離したんだもの。謝る必要なんて何もないよ。」
そうだ、謝らなきゃならないのは僕の方。僕がすぐに諦めたりしないで海と一緒になってれば…
「お前に合わせる顔もないしさ、俺にはほら、国籍の問題もあったから…あいつのお袋さんって、俺が現れるずっと前から『国籍の違う人と結婚はしないでくれ。』ってあいつに言ってたらしいんだ。そういう事もあって、俺たちは東京を離れて名古屋でずっと暮らしてたんだけど、民宿やりたいって話になって、ここに移住してきたのが2年半前。で、やっとここまで漕ぎ着けたって訳さ。」
「ホント、健史たちがいなくなったとき、海のご両親がYUUKIにまで怒鳴り込んできて、僕困ったんだからね。」
彼のその言葉に、僕は首を竦めてそう答えた。
「そうらしいな、聞いたよ。実は、夏海はお姉さんとはかなり前から連絡取っててさ、5年前に夏海の親父さんが脳梗塞で倒れて、『今日明日かも知れない』って知らされてもう、後先考えずに駆けつけてた。
てっきり怒鳴られると思ってた。お袋さんにも嫌みをたっぷり言われるだろうって…けど、弱々しい口調で、『よく生きててくれた。』って泣かれちまって。その上3人の孫見てものすごく喜んでくれたし。それまで麻痺してた右手が、3歳の康史の頭を撫でようとして思わず動いた。それをお袋さんが手放しで喜んでくれて…
俺、その場で土下座してた。『今更で申し訳ないけど、夏海さんをください。』って。
んで、国籍の事を話したら、『もともと、半分は日本人なんだな。そうだ、うちの籍に入れ。』って言ってくれて、一応お前には梁原健史で手紙を出したけど、俺ホントは帰化して倉本健史になってるんだ。その内、ずっとこっちで暮らして欲しいって何度も声かけてるんだけど、『田舎暮らしは性に合わないわ。』ってお袋さんにやんわりと断られてる。ま、今でこそましになったけど、夏海とお袋さんって、実の親子なのに反り合わないからなぁ。」
そう語り終えた健史の眼にはうっすらと涙が滲んでいた。

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

必然-precious dream 3

必然


「僕も君たちに謝らなきゃならない…」
「何を?」
僕がそう言うと健史は首を傾げた。
「…ほのかのことさ。」
僕がそう言うと、健史はああ…と軽く呻りながら頷いた。
「僕には子供は持てないと思ってたけど、ほのかは僕の実の娘なんだよ。
志穂には僕の事を正直に話したんだ。でも、何もしてないのにできた。志穂は影で努力してくれたのかも知れないけど、僕は何もしてない。
僕が君にあんな事を言わないで、僕自身が自分に正直になってれば、君たちに辛い思いをさせる事もなかったのかも知れないのかと思ってさ。」
僕が俯きながらそう言うと、健史は僕の肩を叩いて言った。
「おいおい、勝手に辛い思い出になんかするなよな。始まり方は最悪だったとしても、俺たちはこの結びつきを本当に幸せだって感謝してるんだぜ。それこそ『事実は小説より奇なり』だよ。
お前は夏海に未練があるんだろうがな。頼んでも今更返してやんねぇよ。」
「そんなこと言ってないよ。僕にも志穂がいる。」
もう、海のことは僕にだって思い出になってるさ…
「ま、努力しなかったことの後悔ってやつなんだろうけどさ、お前って妙なとこ真面目にできてて、融通利かないもんな。でも、それでYUUKIを引っ張って行けんのかよ。そこんとこいまいち心配ではあるんだよ。」
「だから、健史には一緒に頑張って欲しかったのに…急にいなくなっちゃうからさ。今からでも、戻れない?」
僕がそう言うと、健史は思いっきりバンッと僕の背中を叩いた。
「そこが甘いんだよ、歯食い縛ってでも頑張れ-お坊ちゃん!今更俺が戻っても何の役にも立ちゃしないし、俺は正直この民宿の仕事が性に合ってる。」
健史は部屋を見回しながらしみじみそう言った。
「お坊ちゃんは止めてよ。でも、分かってるよ。ここに一歩踏み込んだ瞬間そう思った。君たちはこの仕事が天職で、やっぱり君たちが沿うのが必然だったんだって。」
彼がふざけて昔から時々言う“お坊っちゃん”の言い回しは好きにはなれないけど、彼の励ましは嬉しかった。
「ありがとう、そう言ってもらえると俺もホッとするよ。俺たちがばっくれなきゃ、お前も志穂さんに出会ってないんだろうしな。人生案外なるようにしかならないのかもしれないな。」
健史はそう言ってグラスの酒を飲み干した。

有意義な時間をすごした後、僕は穏やかな気持ちでアルプスの地を後にした。

夏休みを終えた健一君は、大学に戻ってきた。驚いた事に、キャンパスは僕たちの自宅に程近く、彼はちょくちょくウチを訪れるようになり、ほのかの勉強を見てくれるようになった。
僕を愛してくれた彼らの子供と彼らを愛した僕の子供は、自然に惹き合い愛を育んでいった。

再会から7年、大学卒業後YUUKIに入社してもらった健一君とほのかは結婚した。結城に婿養子という形で。
「悪いね、長男を掻っ攫うみたいで。」
「いや、気にするな。健一はどうせお前に渡してるはずの子供だからな。それが27年ずれただけのことだ。それに、うちにはまだ美姫も康史もいるんだ。」
健史はそう言ってくれた。

そして、ほのかが嫁ぐ日が来た。
「お父様、今まで20年間どうもありがとうございました。」
三つ指を突いて頭を下げるほのかに、涙なのだろうか-辺りの景色がだんだんとぼやけていく
「お父様…」
-お義父様…お義父様…ー
僕はその声に目を開けた。その瞬間、僕は気付いた。
…ああ、全部…夢だったんだ-
僕は心配そうに僕を覗き込む秀一郎の嫁、未来さんの顔を見てそう思った。

theme : 自作小説
genre : 小説・文学

選び取った未来-precious dream 4

選び取った未来


「お義父様、大丈夫ですか。泣いてらっしゃるみたいでしたので…」
僕は倒れて3日間意識がなかったと、未来さんに聞かされた。
「ああ、大丈夫だよ。夢をね…ずっと夢を見ていた。荒唐無稽な夢だったよ。」
「どんな、夢かお聞かせ願えますか?」
「秀一郎が海と私の親友との子供でね、そこにほのかを嫁がせるんだよ。」
本当に秀一郎は彼らの子供ではあるのだが…それは未来さんは知らない事だし、知らせる事もない事だ。
「それでね、私の妻が…誰かと言うと、未来さんのお母様なんだ。」
「ぷっ、それ面白そうですね。そこに私は出てこないんですか?」
それに未来さんは吹き出しながらそう返した。
「ちゃんと出てきてたよ、秀一郎の妹としてね。未来さんじゃなくて美姫(みき)さんって名前になってたが…」

そうだ、健史が海を連れて逃げてくれたら、きっとこんな素敵な現実もあったかもしれない。

「この話、母にしていいですか。」
すると、未来さんがそう言いだしたので、驚いた。
「カンベンして欲しいな。第一、未来さんのお母様に迷惑なんじゃないかな。」
「いいえ、迷惑じゃないですよ。喜びます。だって、初めての顔合わせのとき、父も母も口々に『初めてお会いした気がしない』って言ってましたもの。」
「へぇ、私たちも海とそう言っていたんだよ。そう考えてみると、あなたと秀一郎は結ばれるべくして結ばれたのかも知れないな。」
「そうですね…私たち運命の糸で結ばれてる。だからこんなに幸せなんですね。」
未来さんはしみじみと、深く遠い目をしてそう言った。

いくつもボタンを掛けていくように選び取っていく未来。もしもあの時違うボタンを掛けていたとしたなら…僕たちはどんな違う未来を見ることができたのだろう。
そんなことを考えながら、僕はまた眠りの中に引き込まれていった。

僕が海や健史の所に旅立ったのは、それから1ヶ月後の事だった。
                
                                       -Fin-

theme : 自作小説
genre : 小説・文学

夢ででも会えたら

番外編「precious dream」、その名の通り、my preciosの龍太郎の夢物語、お送りしました。

健史主導で「マイプレ」を書いたら龍太郎が拗ねました。で、バランスのため?書きました。

これを書きながら、こいつらお互いを思いやってるクセに、つくづく意気地のない奴らだなぁと実感。誰か1人が前向きに行動したら…ねぇ。(ため息)って話です。

「マイプレ」はパラレルワールドなんで、欲張って、みんな出してやろうと頑張っちゃいました。「マイプレ」の文中には出てきませんが、小夜子はちゃんと康文と付き合ってます。ただ、夏海は一緒に行動してない(この期間健史と付き合ってますので、あの2人に構ってる暇はゼロ)だけなのです。で、ちなみに、彼らは別の原因で別れちゃいますけどね。

ほのかは…本編では顔を出さない、特別編に出てくる龍太郎と海との失われたあの子です。ほのかもちゃんと日の目を見せてやりたかったんですよ。

そんで、志穂はなんと雅彦と結婚しちゃいます。しかも職場結婚。入社してきた志穂に雅彦が一目ぼれ、猛アタックをして1年後結婚、すぐに未来が生まれます。4年後明日香も生まれます。


秀一郎と未来の出会いは家庭教師のアルバイトから…YUUKIの跡取り息子が何で?ってお思いになるかもしれませんが、ダブルブッキングしちゃった友達のピンチヒッターとして行った秀一郎が、その後もちょくちょく勉強を見るようになったのがきっかけ。
カテキョーの先生が実は大会社の御曹司だったって知ったときの飯塚夫妻の顔はかなり見物でした。さらに、その御曹司が娘を嫁にくれってんですから…実際だったら、かなり心臓に悪そうです。

何だか本編が悲惨すぎた分、健史がらみの部分を除いてはやたらとハッピーな展開に傾いてるなと、自分でも苦笑してしまいました。

ただ今回、「プレドリ」で残念なのは、雅彦と明日香をどうしても出せなかったこと。ま、龍太郎の夢の中のお話なんで、その辺は雅彦ファンの皆様、(旦那様としては最高だという評価をそこここでいただいているので)ご勘弁と言うことで…

なんかまとまりの悪いあとがきになってしまいましたが、思いついたら、また書きますです。

theme : 今、思うこと。
genre : 小説・文学

プロフィール

こうやまたすく

Author:こうやまたすく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

Web page translation

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。